<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いやービックリしました。
「健幸都市」を掲げる三島市が、このほど独自の健康体操を完成させたのですが、
体操を構成する3つの曲の1つに、なんと僕たちの歌が抜擢されたのです!
その名も「三島やってみ体操」
f0211837_21033435.jpg
f0211837_21033879.jpg


DVDでは、まず諸注意から。









f0211837_21054104.jpg





 1曲目は、日本を代表する唱歌・

「富士山」





f0211837_21054672.jpg




2曲目は、三島を代表する民謡・
「農兵節」






そしてそして、3曲目がーわれらのー
f0211837_21081384.jpg
「まるまるマンボ!」は、三島市のマスコットキャラ「みしまるくん・みしまるこちゃん」の公式テーマなんですが、まさか「富士山」「農兵節」名曲中の名曲と御一緒できるとは!
f0211837_21095093.jpg



中身をいくつか紹介しますと
これがスクワット
左は、車イスやベッドでできるよう、お座りバージョン。



f0211837_21095585.jpg



    こちらは背伸びの運動。


この体操は、老人ホームや医療・福祉いろいろな場所で使われるもようです。僕たちの知らない所で、僕たちの知らない方々が、僕たちの歌で体操してくれるんだなあ。
「歌は育てるもの」、これはエミーさんの口癖ですが、「まるまるマンボ!」は僕たちの予定をはるかに上回り、大きく確実に育ってくれています。





[PR]
by G-lariat | 2018-01-31 21:02 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
昨秋から取り組んでいる沼津「♪ 獅子浜の唄」
エミーさんバージョンのボーカル録りを終え、これで録音は完了です。
f0211837_16103070.jpg





「たたかい終えたエミーさん」の図









f0211837_16103710.jpg


あとはハンセン君の、地味で孤独なミックスダウンを残すのみ。










f0211837_16104495.jpg



自主的な歌づくりはやらない主義の僕は、春からのライブに向け、ネタの仕込みに余念がありません。
(=つまり怠けてるってことね106.png)。










[PR]
by G-lariat | 2018-01-28 16:17 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

小室哲哉引退、に思う

記者会見から5日が過ぎ、ようやくワイドショーの見出しから「小室哲哉」の名前が消えました。たしかに、突然の「引退」には驚かされましたね。

実は僕は、小室夫妻と一度だけ食事をしたことがあります。ほとんどコントみたいな展開だったんですけど、本当の話です。
例の詐欺事件が明るみになる1・2ヵ月前のこと。 そんな時だからか、小室氏にはまったくオーラがありませんでした。偽物だと思ったくらい。電気屋か何かのお兄ちゃんが、「似てる」なんて言われてその気になってるだけだろ、なんて。
隣の隣の席だったんですが、結局言葉は交わしませんでした。
f0211837_21190938.png

KEIKOさんは僕の真正面。いやー本当にきれいな方でした。銀髪だったこともあり、やはり一般人とは違った次元の輝きを放っていましたね。
なのに、とても気さく! 何杯もビールを注いでもらったし、僕の下らないジョークに、ケラケラ笑ってくれた・・。
あとで友人たちにあきれられたのですが、その時の僕は、「KEIKO」も「globe」も知りませんでした(「小室哲哉」も知ってるのは名前だけで、顔はぼんやり)。
数日後、調べてみて本当に驚いたっけ。本物のスーパースターじゃないですか!

くも膜下で倒れた時は、年令的にも信じられない思いでした。でもたまに目にする芸能ニュースでは順調に快復しているようだし、テレビで拝める日も近い、と楽しみにしていたわけです。

それなのに、先日の会見・・。
切ない。本当に、切ない。
華やかさと輝きに満ち満ちていたKEIKOさんが、いま会話もままならないなんて。
音楽業界を席巻した小室氏が、あれほど弱々しくなるなんて。
f0211837_21192262.jpg

栄枯盛衰とか、介護とか、まして不倫がどうのこうの、そんな直接的な話じゃなくって・・。
とにかく切ない気持ちでいっぱい。

よく、「人生の収支決算は、結局プラスマイナス・ゼロ」なんて言いますけど、信じがたい。
二つ三つ、マイナスの方が多い気がしてなりません。








[PR]
by G-lariat | 2018-01-24 20:55 | 四畳半劇場 | Comments(0)
公私ともにお世話になってきたTさんから、ランチのお誘いです。
「ウチの(奥さんの)カレーを、ぜひ食わせたい」
もちろん、ウキウキと出発です。

f0211837_19452465.jpg

奥様ご自慢のカレーをいただく前に
「ほら。ちょっと遅れたけど」
なんと誕生日のプレゼントです!

帽子と手袋。
なーぜか色は真っ赤っ赤105.png

さーて、カレーです。
サラサラ系ではなく、ボッテリ系は僕の好み。
一口スプーンで口に運びます。
なんて、優しい味!
それぞれの具材が互いの個性を尊重するように、絶妙に溶け合い、混ざり合い、えもいわれぬふくよかな旨味を醸し出しています。
ヘンな自己主張や刺激はなく、穏やかでまろやかな様は、まるでTさんご夫婦のよう。
その場で僕は、Tさんの人柄カレー」、と名付けました。
そしてもちろん、
「おかわり!」




[PR]
by G-lariat | 2018-01-21 19:49 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
f0211837_18425535.jpg

御殿場高原・時之栖のイルミネーション。今年も多くの人でにぎわっています。
あれだけのものが、タダだもんなあ(有料エリアもあるけどね)。
で、今年も僕たちの(僕たち名義の105.png)作品が展示されています。


f0211837_18424603.jpg
f0211837_18423774.jpg




これが昼景。
風神雷神が僕とハンセン君? 
真ん中で輝くお花がエミーさんってわけね。









f0211837_18425195.jpg









f0211837_18424102.jpg




野村萬斎、長年熱烈支持です。 
(シンゴジラはともかく)











[PR]
by G-lariat | 2018-01-18 11:57 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
今年も、静岡県東部定時制高校の合同文化祭に足を運びました。
少ない時間を工夫して制作された作品。いずれ劣らぬ力作ぞろいでした。
f0211837_16342982.jpg




小山高校





f0211837_16341240.jpg






          下田高校




f0211837_16332670.jpg





伊東高校





f0211837_16342434.jpg





             沼津工業



f0211837_16374597.jpg






富士高校



f0211837_16375085.jpg






          富士宮東高校

f0211837_16344078.jpg










そして我らが(?)三島長稜高校

f0211837_16343354.jpg









長稜高校(+福島富岡高校)の諸君と一緒に歌づくりをしたこと。
とてもとても深い思い出になっています。
(2012 11月 静岡新聞)











[PR]
by G-lariat | 2018-01-13 16:40 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
もう何回も書いてますけど、僕が少年期を過ごした沼津市八重坂は、再開発のため町内のほとんどが転居。幼なじみとももう会えないものとあきらめていましたが、数年前、僕が新聞に紹介されたことがきっかけで、何人かの懐かしい顔と再会することができました。

Nちゃん。年上ですが、毎日一緒に小学校に行き、毎日一緒に遊んでいた仲間。当時ソフトボールが盛んで、Nちゃんはエースで4番。町内のスターでした。
現在は横浜在住のNちゃんですが、僕たちのライブに足を運んでくれたり、最近ちょくちょく会うようになっています。

そのNちゃんとこの正月、今も八重坂に住んでおられる数少ない知人を訪ねました。
Tさん。社会人野球のクラブチームで活躍され、当時の僕たちソフト少年には憧れのオジサン。f0211837_20220179.jpg

鮮烈に憶えているシーンがあります。Tさんのお宅前の広場が練習場だったんですが、強打者のNちゃんが打った弾丸ライナーが、Tさんの顔めがけて一直線! 縁側でのんびりお茶を飲んでいたTさんはまったく気づいていない。「あぶない!」誰もが息をのんだ瞬間、ビシッ、Tさんは顔面に迫ったボールを片手(素手)でキャッチ。そして何もなかったようにボールを放り返してくれたのです。まるで巨人の星に出てきそうな美技で、ほんとカッコ良かったなあ!
Nちゃんと数十年ぶりの再会を果たした時、このことを話題にしたら、Nちゃんもしっかり憶えていましたね(Tさんが右手で取ったか左手で取ったかは、今でも議論になりますが)。
f0211837_20220628.jpg

今回の訪問には手土産のほかにもう一つ、持っていった物があります。
グローブ(グラブ)。
ざっくり数えて48年ぶりにキャッチボールをしよう、とです。
いやあ、驚きました。
Tさんは現在80才。とてもとてもその年齢には思えない、しなやかなグラブさばきです。
Nちゃんも、高校野球で主将を務めた本格派で、今も十分にその杵柄。
小学時代のソフトボール。9番手、やっとこさっとこレギュラーだった僕にとっては、憧れのスター2人の共演。48年目ぶりの「夢の球宴」でした。





[PR]
by G-lariat | 2018-01-09 19:05 | 昭和的日々 | Comments(0)
年越し旅行の続きです。苫小牧発仙台行きフェリーのレポート。
長距離フェリーの大大大ファンの僕ですが、この航路は初。距離が中途半端だったからですが、大晦日にも動くってことで、今回初の乗船となりました。
またこのフェリーは、吉田拓郎の代表作・「落陽」の舞台。作詞の岡本おさみさんの著書・
「旅に唄あり」は僕の永久保存愛読書なんですが、それによれば、歌詞の内容は事実、とのこと。 45年前、ここでそんなことがあったんだなあ、と思いを馳せるのも一興かな、と。

 ♪ しぼったばかり夕陽の赤が 水平線からもれている
   苫小牧発仙台行きフェリー 
   あのジイサンときたら わざわざ見送ってくれたよ
   おまけけにテープを拾ってね 女の子みたいにさ
f0211837_19451982.jpg


歌は夕陽に向かって船が進んでゆくイメージですが、現在の出航は夜7時。
夏でも、夕陽は無理かな。

2017年12月31日
出航前、突然の激しい雪
f0211837_19452354.jpg

     

     雪も止み、定刻に離岸。
     岸壁は関係者以外立ち入り禁止なので、
     見送りはできません。
     もちろんテープもナシ。

f0211837_19453396.jpg





さあ、内部です。
豪華なエントランス。

 


f0211837_19594316.jpg



         
                 展望大浴場あり

f0211837_19594792.jpg



ゲーセンあり

f0211837_20015250.jpg
 

     こちらは、ミニシアター。
     行きに使った定番の「さんふらわあ」は
     リニューアルでなくなっていたので、
     よけいに嬉しく感じました。f0211837_19595786.jpg


さらに、クラシック系の生演奏まで!
(大晦日の特別?)


f0211837_19595101.jpg





    僕はA寝台。ほぼカプセルホテル。
    テレビ付きなので、世界で一番好きな番組
   「ゆく年くる年」をじっくり楽しめました。

  f0211837_20141936.jpg

洋上の初日の出

多くは望みません。
どうぞ穏やかな年で
ありますように!





f0211837_20142463.jpg

      




            金華山沖を通って
        f0211837_20143229.jpg    





仙台港へ





f0211837_20192478.jpg


          無事着岸。

          着岸の技術って、
          ほんとにスゴイと思う


f0211837_20193168.jpg
約15時間の船旅。もっと乗っていたかった!  「きたかみ」の雄姿。
 
   ♪ 土産にもらった サイコロふたつ
     手の中で振れば また振り出しに
     もどる旅に 陽が沈んでゆく (1973 岡本おさみ)

「♪ サイコロふたつ」、の意味が「旅に唄あり」に書いてありました。チンチロリンは、3個のサイコロでやるもの。それが2つというのは、つまり博打はやめなさい、というジイサンからのメッセージなんだそうです。









[PR]
by G-lariat | 2018-01-05 19:35 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
f0211837_16340057.jpg

いつもながらのワンパターン。とにかく長距離フェリーが好きなもんで(僕は徒歩ですが)。
例年と違うのは、帰路にもフェリーを使ったこと。定番の大洗ー苫小牧、たまに使う新潟ー小樽、いずれも大晦日と三が日は運休のため仕方なく飛行機を使ってきたのですが、よく調べてみたら苫小牧ー仙は運行! 即決です!

f0211837_16340441.jpg

苫小牧発仙台行きフェリーといえば、拓郎さんの代表曲「落陽」の舞台。歌をイメージしながら、洋上の年越しも良いかな、と。

  「さんふらわあ・ふらの」
  12/29 夜7時30分、大洗出航
  翌30日、午後1時30分 無事に苫小牧着


僕はフェリーに乗れればそれで充分なんですが、それでは世間が許さない(?)。で、強引に目的地を2つ。 一つは苫小牧に現存する、戦時下に作られたトーチカ。 もう一つが、日高・新冠にある「レ・コードの湯」。
トーチカのことは、たぶんガイドブックには載っていません。たまたまネットで引っかかりました。JR苫小牧駅から徒歩30分。戦争のつめ跡は、海沿いの住宅地にポツンとありました。
f0211837_16533275.jpg
f0211837_16533768.jpg看板・案内板の類は一切なし。大掃除中の地元の方に聞いて発見にいたりましたが、自力ではまず無理。

約4メートル四方、入り口は閉鎖。

上陸する敵を銃撃するために作られたものですが、実際には戦闘はありませんでした。
f0211837_16561569.jpg






そのすぐ近くに、あれまビックリ、座礁船!
トーチカから撃たれたあ?105.png






苫小牧から日高線で2時間半(現在は、ほぼバス代行)、サラブレッドで有名な新冠にある「レ・コf0211837_17141815.jpgードの湯」。
結論からいうと、嬉しい大当たりでした! 施設も良いけど、スタッフの応対が最高!
駅に「日帰り入浴でも無料送迎します。お気軽に電話を」の張り紙。でもなあ、一人だしなあ、断られるつもりで電話したところ、本当にOK! 車で5分とはいえ、入浴料たった500円の、客ともいえない客ですよー。おまけに送迎してくれた方が三島ゆかりの方。往復10分、思わぬ三島の話で盛り上がりました。

f0211837_17315579.jpg



庭から撮った写真ですが、露天風呂からもほぼ同じ眺め。









f0211837_17365941.jpg



「レ・コード」とは、「心の再生」の意。
ですが、名前にかけ貴重なレコード盤も何枚か展示されていました。

これは、M・モンローとビートルズとディズニー。



f0211837_17372903.jpg
2017年12月30日の落陽。日高海岸を疾走するバスから。
「♪ 落陽」に歌われた苫小牧発仙台行きフェリーについては、次回。










[PR]
by G-lariat | 2018-01-02 16:30 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat