人気ブログランキング |

ゴジラの話

ゴジラ・キング・オブ・モンスターズを観てきました。僕はゴジラファンではないけれど、なんか気になって。
ハリウッド版・第3弾で、モスラやキングギドラ、ラドンetc.オールスター登場。大画面で観るCG怪獣バトルはなかなかのもので、とりあえず満足。充分納得。でも好みで点をつけると60点かな。
f0211837_20305156.jpg

辛くなった理由は一つ。恐くなかったんです、全然120.png
まばゆく光るモスラや、幽玄なキングギドラのシルエットから思うと、むしろファンタジー映画にみえました。僕のように、ゴジラに「恐怖」を求めちゃうと、どうしたって点は辛目になります。
だから逆に、ファンから大大大不評だったハリウッド第1弾は、僕は最高に面白かった。走ったことのあるニューヨークが舞台ってこともあるけど、あのゴジラは恐かった! 桟橋を持ち上げての登場も、MSGで子ゴジラが増殖していく様も、鳥肌が立ちました。残念ながら僕は極少数派でしょけど。

ところで僕の数少ない友人で、専門学校の先生かつ作家の清田予紀さんは、1984年の「ゴジラ」にエキストラで出たことがあるそうな。逃げまどう住民と、記者会見のカメラマンの2役。
でも本人も自分が分らなかったんだって102.png

なーんて話を、毎回地域のお祭りに呼んでいただく沼津・獅子浜のNさんにしたところ、「獅子浜は、モスラ対ゴジラ(1964)のロケ地だぞ」だって! 調べてみたらホントでした。 獅子浜は大きくくくると静浦というんですが、あらすじやキャストに、「静之浦」と出ていました。モスラの卵が漂着する場所。Nさんは、プロの役者が何もない海を指差し、「あれは何だ!」と叫んだのを覚えてるそうな。
今年も獅子浜の祭りに呼んでもらっています。トークはこれで決まり!

そうそう、忘れてました。今回のゴジラ、エンドロールの後に、ちょっとオマケ映像がありますよ。客席が明るくなるまで、けして立ちませんように。





# by G-lariat | 2019-06-16 20:16 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
23年連続・26回目のホタルまつりは、演奏ではなく司会の大役。2週間前から緊張しっ放しで、直前に中山道へ旅立ったのも、ウチにいたら爆発しそうだったから。キャリアだけは十分なはずなのに、情けないものです。
f0211837_16563695.jpg
不安は僕だけではなく、関係者も。105.png
会場入りしてから、何人から「大丈夫?」と言われたことか。
パートナーは、地元ラジオ・ボイスキュー不動のカンバン娘・小坂真智子さん(マッチー)。
僕が「マッチーの後ろでウロウロしてるだけ」と答えると、すかさず音響屋の若社長・Tさんが「セクハラは厳禁ね」ときたもんだ。


f0211837_16564493.jpg
ハンセン君が差し入れ(マッチーが目的)と冷やかしに来てくれました。
エミーさんは、マッチーがプローベの前を通った時、「水口をどうか頼みます」のガッツポーズをくれたそうな。

      緊張が最も高まった本番直前。


以下、3枚の写真は、ハンセン君がデジカメの動画から送ってくれたものです。画質の荒さは御容赦。
f0211837_16565712.jpg
f0211837_17364712.jpg








f0211837_17363238.jpg


ポスターの出演者に僕の名前もありましたが、「今日は司会に集中しますから」
・・・なのになぜか、僕のギターが!128.png
・・・弦まで替えてある!105.png
まったく、スキあらば歌おう、というヤラシイおじさんです。
結局、2曲歌わせていただきました。

マッチーの、安定して品のある進行により、無事フィナーレまで到達。
最後の最後で雨が降り出し、ホタルが飛ぶことは叶いませんでしたが、この時期、プログラム通り進行できただけで大ラッキーです!   
終わってみれば、最高に楽しい一日。小坂真智子さんが神に見えましたね。
f0211837_17365772.jpg

 
まさに美女と野獣?
我ながら、オレは暑苦しい。






f0211837_17365308.jpg


自分のことばかり書き連ねましたが、今回は例年以上にバラエティに富んだステージでした。フラ、シャンソン、弾き語り、吹奏楽、合唱、タヒチアンダンス。熱演ながら時間をきっちり守ってくれた出演の皆さんに、心から感謝!

司会が精一杯で写真を撮る余裕はなかった・・・と言いながらフラはしっかり!105.png


さてさて雨の中、マッチーと笑顔で別れて一人帰路。無事乗り切った御褒美に、ふだん高くて買えないジュースを一気飲みしようとSEIYUへ。売り場のガラス扉をバンと開け、手に取ってみれば、ヨシッしっかり冷えてる! 
冷たいうちに冷たいうちに、とレジももどかしく、走って屋上のクルマへ。
さあー、一気に飲むぞと構えたら・・・ウソッ、ジュースはカチンカチンに凍ってる!
なんでー? 結局飲んだのは、ハンセン君差し入れの、充分に温~くなった水でした。
どうしてオレは、いつも最後こうなんだろ?








  


# by G-lariat | 2019-06-11 16:54 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
<第4幕・3日目最終日>
早朝、民宿を出たら、「山の香り」を感じました。ここは山の中、なんですねえ。今日も快晴。
f0211837_17282146.jpg

国道142号線と分れ、長久保宿。ゴミ出しのオジサンに、いきなり「早いね!」と声をかけられました。
「暑くなる前に」と僕。ほんと昨日は、峠越えより暑さにやられた感じでした。

本陣跡。現役です。表札から、現在も同じ家系と推測。


f0211837_17282451.jpg


地図の見落としがあった笠取峠(887m)に向かいます。土道の「原道」は厳しかったけど、なあに和田峠と比べれば。

難易度7で到着した峠には、国道工事のレリーフがあるだけでした。

f0211837_17283085.jpg

笠取峠松並木を抜けて、芦田宿
でもここより次の間の宿、茂田井の方が、古い街並みは残っているようでした。
白壁が印象的だった蔵元。


f0211837_17283462.jpg


あやうく道を間違いかけ、望月宿到着。
そこそこ大きく、そこそこ古い建物も残っていましたが、目を捉えたのはこの看板。
「ライト食堂」ってネーミング、すごいと思う。どんなものを出すの?
定休日か、やめちゃったのか分りませんが。


八幡宿は歴史的建造物はあまりありませんでしたが、水田の向うに浅間山が雄大に望めました。
f0211837_17323313.jpg
f0211837_17324086.jpg

塩名田宿の骨董品屋にあった大砲。



暑くなってきました。
本日最低限のノルマは新幹線の佐久平駅。でも、時間・体力・気力、まだまだ残っています。
コンビニでお昼にし、岩村田宿へ。
岩村田は、アーケード商店街もあり、僕には意外に大きな街でした(そのぶん古い建物はなし)。
f0211837_17324578.jpg

郊外店がズラリの県道9号線を、じっくり上がってゆきます。浅間山が徐々に大きくなってきました。
県道と分れ、小田井宿
写真は失敗でしたが、寶朱院のアカマツは見応え十分!



f0211837_17325007.jpg

もうないと思った上り坂を何とかクリアし、本日のゴール、しなの鉄道の御代田駅
一服してから飲んだ缶コーヒーが、実に実に美味でした!
御代田から3つ目の軽井沢で新幹線。
鉄道での移動も、ついに東京経由になったんだなあ。




f0211837_17355338.jpg今回のごほうびは、浅草の超有名店・尾張屋の天丼(¥1,700)。昔けっこうヒイキにしてたんですが、昨今の浅草の混雑から、行くのは7~8年ぶりでしょうか。カンバンの、丼からはみ出す海老天は、長さは以前と同じだけど、若干やせたような・・。気のせいかな。


さてさて3月から続けてきた「中山道ひとり駅伝」ですが、諸事情により、これにてしばし中断。涼しくなった頃、上州のカラッ風に乗って、日本橋を目指そうと思います。


<第4幕・最終日>
6/4 和田(大門)~ 長久保 ~ 芦田 ~ 茂田井 ~ 望月 ~ 八幡 ~ 塩名田 ~ 岩村田 ~ 小田井(御代田駅) 本日の走行距離/約34km









# by G-lariat | 2019-06-09 16:33 | ひとり駅伝 | Comments(0)
<第4幕・2日目>
さあ、ついに今日、中山道最大の難所といわれる和田峠に挑みます。 諏訪大社・下社春宮に道中の無事を祈って出発です。
ほどなく、御柱祭りで有名な木落し坂。御柱祭りは、日本一危険といわれる諏訪大社の神事です(7年ごと開催)。
山出しした御柱を落とすその場所が、まさに中山道。小さな公園になっていました。
f0211837_22113877.jpg

下をのぞいて、ゾーッ。公式には最大斜度35度となっていますが、写真を見てください、どうみたって真っ逆さま! 大木にまたがって、ここを滑り降りて(落ちて?)いくとは!

右に写っているのは、観光用に設置されてる模擬御柱の端っこ(写真では分りにくいと思いますが)。


ほぼ国道142号線ぞいに、じっくり高度をあげてゆきます。わりに緩やかだった勾配が、海抜1,000mを越えるとさすがにキツくなってきました。
海抜1.100mの標識を過ぎ、少し行った所で国道を離れ、森の中へ。
ありゃりゃ、ウソだろ! これは「街道」じゃない。完全に「登山道」です!
f0211837_22114802.jpg

すさまじいセミしぐれ。緑は本当にきれいだったけれど、熊は恐いし、先を急ぎます。

写真は、峠まであとわずかの所にあった、苔むしたお地蔵様。小熊かと思いました。


f0211837_22115966.jpg



つづら折にあえぎあえぎ、でも視界が広がりました。
和田峠(1531m)、到着! 
意外にも、のびやかな草地でした。





振り返れば、おおお、ふもとの街が!
中央高速らしきものがかすかに見えるので、街は諏訪の隣の岡谷あたりでしょうか。よくここまで登ってきたものです。
f0211837_22115454.jpg
道の状況は、峠のこっちと向こうで全然違っていました。和田宿側は、つづら折りの登山道ではなく、草と土の道が真ーっ直ぐ続いています。快適に下りました。
f0211837_22153152.jpg

ビーナスラインをくぐるパイプトンネル。
ここで、初めて街道ウォーカーに出会いました。

舗装路に出たので、最難関は越えた、熊にも遭わなかった、とホッとしたのですが、ここからが長かった!
整備された土道、路肩の広い舗装路、道そのものは悪くないんですが、行けども行けども町場に着きません。強い日差しがこたえました。



f0211837_22153444.jpg


少々うんざりしながら和田宿到着。地図にはなかった道の駅で大休止。
写真は、和田中学校。なんか文化財みたいな校舎でした。



f0211837_22154018.jpg



かやぶき屋根のバス停。






f0211837_22154462.jpg
本日の宿は、和田宿の中心から4キロほど下った大門の民宿「みや」さん。
お部屋は、素朴な民宿。お風呂も家庭用。
でも食事はGood! とくに大大大盛の煮びたしは、自分史上NO,1 。写真に撮らなかったのは痛恨です。

お客は僕の他に、名古屋の年配ご夫婦と、四日市の元気なオジサン。いずれも中山道ってことで、夕食はご主人があえて合い席にしてくれたのですが、これが大正解。思わぬ盛り上がりと、貴重な情報交換になりました。
で、ひとつ大きな地図の見落としに愕然。6キロほど進んだ所に「笠取峠」の文字!
和田峠を越えればあとは全部下りと思ったのに・・。塩尻、和田、そして明日は笠取。3日連続の峠越えにガックリ、首うな垂れました。

<第4幕・2日目>
6/3 下諏訪 ~ 和田(大門落合) 本日の走行距離/約27km


オマケです。102.png










# by G-lariat | 2019-06-07 21:23 | ひとり駅伝 | Comments(0)
<第4幕・初日>
6月2日、塩尻。まずは前回、曲がり損ねて進んでしまった場所まで移動です。
今日の予定は、(峠越えはあるにしても)下諏訪宿までたった1宿の約12キロ。もったいないけど、アプローチに時間がかかった上、明日は中山道最大の難所、和田峠越え。向こう側の和田宿までまったく泊まる所がないため、仕方ありません。
f0211837_09303662.jpg

男女双体道祖神に見送られてスタート。

この道祖神、抱擁してるところから「お女郎道祖神」と呼ばれてるんだって。
このネーミングはちょっと・・・。

塩尻峠に向かって、まっすぐ、じっくり上ってゆきます。
かなり昔、国道を自転車で越えたことがあります。街との標高差や角度の緩さから、それほど苦しまなかった記憶がありますが・・旧の中山道はいかがでしょうか?


f0211837_09304148.jpg


深緑の中、良いたたずまいの親子地蔵




f0211837_09304531.jpg




峠付近では小さな白い花が、あちこちで群生していました。








難易度8レベルで塩尻峠(1055m)着。今日は曇り空で眺望はあきらめていたのですが・・
f0211837_09324910.jpg
展望台から、諏訪湖! かすんでいるけど、見えただけラッキー!
さあ、その諏訪湖を目指して一気に下ります。
f0211837_09325583.jpg

諏訪、といえば何たって諏訪大社
こちらは下社秋宮
日曜日ってことで観光客で大賑わいでした。


f0211837_09330041.jpg





すぐ脇に甲州道中との分岐点があります。
ここから日本橋を目指して走り出したのは、何年前だっけ?
そうそう、その時に泊まった大社敷地内にある国民宿舎に今回も、と考えていたのに、ウソッ、閉館だって!
たった数年でも景色は変わる?

f0211837_09330769.jpg


こちらが春宮
秋宮に比べると、観光客はずっと少ないですね。





f0211837_09331151.jpg





その先にある万治の石仏
2度目ですが、やっぱユニークなお姿104.png




今日のお宿は下諏訪駅前のビジネス。駅前は閑散としていて、やってる食堂もナシ。
結局、夕飯はSEIYUのお弁当です。でも明日は、中山道最難関の和田峠越え。レバニライタメをプラスして気合を!


<第4幕・初日>
6/2 塩尻 ~ 下諏訪  本日の走行距離 約12km





# by G-lariat | 2019-06-05 09:01 | ひとり駅伝 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat