2016年 06月 03日 ( 1 )

襟裳岬

昨夜(6/2)、何気なくテレビをつけたら、高橋真梨子 と友近が対談していました。
高橋真梨子が新作CDで、あの襟裳岬をカバーしたって話みたい。
「森進一さんのと、作曲の拓郎さんの両方のバージョンを聴いてみて、この歌の偉大さがわかった」 と言っていました。

いやあ、嬉しかったですねえ!
僕たちもたまにハンセン君がソロコーナーでやったりもしますけど、僕は僕でとても思い入れがある歌なんです。

f0211837_2114137.jpg作詞は、日本の歌に新しい命を吹き込んだ、といわれる故・岡本おさみさん。 「焚き火」 という原詩から、拓郎さんとの電話のやりとりで、ご自身が泊まった襟裳岬の小さな民宿のご主人――片腕のジイサン――をイメージして完成させたとのこと。

20数年前、拓郎ファンで、岡本おさみファンで、この歌のファンだった僕も、その民宿を訪ねました。 片腕のジイサンは健在でした。 本当に素朴な民宿でしたね。

自分のターニングポイントになった、北海道一周自転車旅行。 初めての北海道、初めての自転車旅行。 何もかも新鮮でしたけど、襟裳岬はとくに印象に残っている場所です。 なのに写真が1枚もありません。 数日後にカメラを壊してしまったのです!痛恨!

以来、北海道へは20 回以上旅していますが、なぜか襟裳岬には行っていません。 このGW、久しぶりに訪ねる予定で楽しみにしていたんですけど、直前になってキャンセルしました。 秋田の友人の病気見舞いのためです (結局、お葬式になってしまいましたが・・)。
きのう高橋真梨子の襟裳岬を聴きながら、あらためて北の岬に思いを馳せました。


僕はやっぱ、王道の森進一バージョンが好き。 珍しく3番フルコーラス歌っている映像を見つけました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 6月11日(土) 三島ホタルフェスタ  
笑栄通り商店街 19時

★ 6月15日(水) みしまプラザホテル  

★ 7月16日(土) あおげば空 in 三島  
みしまプラザホテル
[PR]
by G-lariat | 2016-06-03 20:56 | 昭和的日々 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat