意外な(?)実力者でした。東海道新幹線弁当

「駅弁は日本の文化である」と言った人がいます(僕ですが)。
ともあれ駅弁って、たんなる食事を超えてウキウキするものがありますね。富山の鱒寿司。北海道・森のいかめし。米沢は牛肉どまん中。もちろん崎陽軒のシウマイ弁当。etc etc.  
旅の思い出に、一層のほのぼのを加えてくれる気がします。
f0211837_21405247.jpg

さてさて先日のこと。帰りの東京駅で駅弁を買おうと思いました。
いつもなら、迷わず崎陽軒のシウマイ弁当なのですが、この日はなぜか「たまには違うのにすっか」と思い、その結果求めたのがこちらです。その名も
「東海道新幹線弁当」104.png
(たしか \1000)

このネーミング105.png、なんて無芸な!
このデザイン105.png、なんて雑な!
まず普通の大人なら、これを見て、買う気は起らないでしょう。
僕も最初はスルー。しかし売店の宣伝文句を熟読するうち、買わずにはいられなくなったのでした。
息せき切って車内に駆け込み、発車時間も待ちきれず開けてみて、思わず「おおおー!」
f0211837_21404787.jpg

僕の魂を奪った(そんな、大げさな!)宣伝文句は
「東海道の名物勢揃い」

東京の深川めし。神奈川のアナゴ
名古屋は味噌カツ&エビフリャー関西がタコと野菜の炊き合わせ。そして我らが静岡県はご存知、黒ハンペン
多少強引とはいえ、まさに街道名物集結です。
このバラエティ!この品数! 
これはもうご飯というより、酒のツマミに最最最適です。

というわけで、ウチに帰って焼酎とともに頂くべく、せっかく開いた弁当を再び閉じたのでした。
深川めしのアサリが乱れているのは、そのせいです。










[PR]
by G-lariat | 2018-02-09 20:55 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat