明日はマラソン

毎年1回、フルマラソンを走っています。
今年は、茨城の「かすみがうら」。

もう25年も前の話です。一世一代の決意をしてホノルル・マラソンに挑戦しました(その頃はまだ日本人が少なく、本当に“海外”って感じでした)。1回だけ、のはずが、耐久レースの面白さにハマり、その後、より刺激を求めてトライアスロンに。トライアスロンも当時は牧歌的で、スポーツというよりは"もの好きのガマン大会”って雰囲気でしたね。でも急激な商業化・スポーツ化に落ちこぼれ、それじゃあってんでウルトラマラソンへ。サロマ湖100kmは完走したものの、なぜかあまり夢中になれず。
それからは、もっぱら自転車旅行と山登り・・・これは今も細々と続けています。

ジョギングは続けていたのですが、あらためてマラソンレースに出るようになったのは、
10年ほど前のニューヨーク・シティ・マラソンがきっかけです。NYCマラソンの素晴らしさはいつかまた聞いてもらうとして(3回出ました)、「42・195」の面白さを再発見した気がしました。
以来、年1回フルマラソンを走っています。

年1回、と決めているのは、1年を通しての身体の変化も楽しんでいるからです。
レースが終われば、ほとんど走らず。夏場も滅多に走らず。秋になってジョギングを生活習慣に取り入れ、
寒くなって走り込む・・・そうすると、市民ランナー・並レベルの僕でも、確実に身体の変化を実感できるのですね。これも、けっこう楽しいんですよ。

「かすみがうら」は4年ぶり。前回はラスト1キロで力つき、ほとんど歩くような、ヘロヘロのゴールでした。いったい何人に抜かされたことか。
明日、風が吹かなきゃいいなあ。長身の女性ランナー(できれば容姿端麗)の背後にピタリとつく、
ストーカー走法でいこうと思います。
「セコく、楽しく、イヤらしく」

f0211837_1627614.jpg


1984ホノルル、フォーク歌手の高石ともやさんと。
あの頃は、夢がありました。希望がありました。そして
髪の毛がありました!
[PR]
by G-lariat | 2010-04-17 16:04 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat