<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

僕の数少ない友人、清田予紀さん。
元放送作家で、現在は作家・心理カウンセラー、さらに各種学校で映画心理学の講座をもつエライお方です。
その清田さんの新刊発売記念のイベントが、来月東京は神楽坂で開かれます。

「猫に名言」 (主婦と生活社)

昨年、ソトネコ写真家・南幅俊輔氏とコラボした「愛されながら人を操る心理法則」(PHP研究所)に続く、猫シリーズの第2弾。
ユング・フロイト・アドラー、心理学の巨匠の名言に、ソトネコ写真家としてマスコミ大注目・南幅さんの 「ほのぼのショット」 を組み合わせた興味津々な1冊。 チラシだけしか送ってこないので、僕も買うしかありませんが003.gif、面白い内容であること間違いナシ。
イベントの方にも顔を出せるかな? ちょっと微妙ですけど。

f0211837_2065039.jpg

[PR]
by G-lariat | 2016-03-31 20:03 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

新ネタ 仕込み中。

f0211837_2022887.jpgわれら楽団ラリアート、この3月4月は、伊豆マラソン公式イメージソング・「 Never Say Never 」のCD作成に集中するはずでした。 
この日も、その打ち合わせに全員集合したのですが・・・僕が2日前にふと閃いたアイディアを披露したところ、好好好感触。 急きょ予定を変更し、そっちの練習にはげんだのでありました。
ゴールデンウィークから夏にかけて、有り難いことにライブの要請がポコポコ入ってきており、新しいネタも作んなきゃ、と思っていましたので。


f0211837_20272446.jpg
無某にも、スイングを意識したコーラスがポイント。
エミーさんは、それっぽくキメてくれましたが、


                僕がやると、スイングじゃあなくて、
                スーダラ節 007.gif003.gif





f0211837_20464258.jpg


ところで、ハンセン君。
ギターを弾いたりして、

「さがしものは何ですか?」
[PR]
by G-lariat | 2016-03-26 20:34 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
嗚呼、駅の立ち食いソバ(ウドン)――。川崎市新丸子で暮した十数年、とくに渋谷で働いた5年は、本当にお世話になったものです。
手軽さだけではない、独特の魅力。 本来なら美味ではないはずなのに、ホームにあのニオイが漂ってくると、もうたまりません。魔力といってもいいほどの吸引力・・・。
僕の定番は 「コロッケそば(うどん)」 。こいつは不思議な食べ物です。ちゃんとした蕎麦屋さんのちゃんとしたソバなら全然合わないのに、駅の立ち食いとなると一転! 安っぽい味と安っぽい味が絶妙の化学反応でも起こすのか、ジャンクな味わいの極みに昇りつめます。
嗚呼、若手サラリーマン・学生 (基本ビンボー人ね) の、まさにソウルフード・・・・。

f0211837_15575332.jpg都落ちしてからはクルマ中心の生活で、駅ソバを楽しむ機会はほとんどなくなりました。 でも、例外的にクルマを使ってわざわざ食べに行く所があります。
伊豆箱根鉄道・修善寺駅 
ここのソバは抜群!
初めて行ったのは、はるか昔、高校1年の時。 当時の修善寺工業 (今の伊豆総合高校) でレスリングの試合があり、その帰りに偶然。 僕たちが使っていたJR沼津駅のものとは全然違うその味に、一同びっくり (値段はほぼ一緒なのに!)。 以来、修工で試合があると、必ず寄るようになりました。

f0211837_1559252.jpg
修善寺駅は、近年大改修。 ソバのコーナーも大きく変わりましたが、メニューや味はおんなじですね。
オススメは、肉厚の椎茸がたっぷりトッピングされた 椎茸ソバ
ワンコインでお釣りがきますから (¥380 ?)、コスパも抜群です。

と、修善寺駅のソバを絶賛する僕ではありますが、あえていうなら日本2



f0211837_16211368.jpg僕が今まで食べた中で、 日本1といいたいのは、
JR松山駅の じゃこ天ウドン

松山を訪れた際、道後温泉とともに絶対はずせない場所。
初めて寄った時は、予備知識もなかったので、その美味さにショックすら感じました。
f0211837_16221062.jpg
じゃこ天は、単独で食べても美味しいのですが、ウドンのおツユを吸うと、もう魅惑の味わい。 
僕にとって、ウドンは讃岐ではなく、松山。それも駅なのです!



修善寺駅とJR松山駅が、駅ソバの両横綱。
反対に、もう2度と食べたくないワーストワンは、網走駅
ソバはぐちゃぐちゃ、ツユは辛いだけの絶望的な不味さ! もう20年以上前のお正月のこと。 当時はコンビニもない時代だし、他に開いてる食堂もなく、空腹に耐えかね、3回も食べるという痛恨の思い出が残っています。007.gif003.gif
[PR]
by G-lariat | 2016-03-21 15:37 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

♪ 寝床を作っておくれ

僕は今、店舗つき住宅で暮しています。 お店をやっているわけではなく、親族が倉庫として使っている借家の居住部分に住み込んでいるのです。
一人暮らしには、やや広め。 で、いまマイブームなのが、寝床の日替わり移動です。 その日の気分で寝る場所を替えるわけ。 
元々は真冬の寒い日、ありったけの布団を出しても耐え切れず、少しでも温かそうな場所を探したのが始まり007.gif
でもやってみたら、なかなか愉快な気分。 旅先で夜中に目が醒め、ここはどこだっけ?と幸せな不安感になることってありますね。 あんな感じ。 実に新鮮。 しかも、タダ。
今日は窓際で星を見ながら・・。明日は家具の隙間で夜行B寝台気分・・。 流浪の民か、借家内ホームレスか、今夜も寝床を求めて、さすらいの旅は続きます。

僕の、貧しい寝具を公開しても楽しくありませんね。 かわりに、こんな映像を――。



1981年・京都宵々山、ナターシャーセブンとラスカルズの伝説のコラボ。
さすがに皆さんお若い! 亡くなった坂庭さんなんて、まるで別人ですね。
[PR]
by G-lariat | 2016-03-17 19:10 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
大震災から、5年が過ぎました。
いま日本中ほとんどの人が、「あの時」 を振り返っていることと思います。

あの時、どこにいたのか。
あの時、なにを思ったのか。

f0211837_953754.jpgあれから5年――。
現地に足を運んだし、復興支援のイベントにも参加しました。
でも――やるせなさばかりがつのります。

自戒の気持ちも込めて、
福島出身の歌人・君山宇多子さんの歌を。

非力なる 人らが人へ贈る歌
「花は咲く」 なれ
われは和し得ず



                                       福島市在住の吉本芸人・おかちゃん と
                                       2011年 6月 三島楽寿園

f0211837_15252147.jpg

           2013年7月  岩手県大船渡駅前
[PR]
by G-lariat | 2016-03-12 09:03 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
先日朗読した 「サイアクと1/2」 では、トム・パクストンの 「この想い」(原題・The Last Thing On My Mind ) の歌詞を一部引用させてもらいました。 2013年7月、津波で何もなくなった岩手県大船渡駅前に立った時、ふと口をついて出た歌です。
10年ほど前、53才の若さで亡くなった、坂庭省悟さんのオハコ。

坂庭省悟、といってもピンとくる方は少ないと思います。「高石ともや&ナターシャーセブン」 「はしだのりひこ&クライマックス」等で活躍し、あの昭和の名曲・「花嫁」の作曲者。僕には好きなミュージシャンはたくさんいますけれど、あえてNo.1をあげるなら、間違いなく坂庭さんです。
f0211837_21473672.jpg
右は、その坂庭さんから直接いただいた歌詞カード。 僕の宝物です。
川崎市新丸子に住んでいた頃、東京横浜でライブがある時は足しげく通い、あいさつが交わせる程度の面識はありました。
横浜でのソロライブの時のこと。 「この想い」 は大好きな歌だったけれど、当時はCDになっておらず、前半後半の休憩中にタバコを吸っていた坂庭さんに、歌詞を教えてほしい、と厚かましいお願いをしたのです。
そしたら、「メロディは知ってるんやな。ほな、これあげるわ」 と、まさにライブで使用中のバインダーから一枚抜き取って僕に手渡してくれたのです!
もう、嬉しいを通り越して、びっくり仰天。 僕にはとっておきの,素晴らしい素晴らしい思い出です。
亡くなって10年以上たつのが信じられません。



     * サインは、当時芸名で使っていた
「坂庭賢享」、になっています。




[PR]
by G-lariat | 2016-03-09 21:39 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_14505715.jpg
先日の朗読ライブ。 おかげ様で評判もよろしく、とくに朗読は我ながらがんばったと思っています。
で、少しばかり自分にご褒美を、と沼津港の寿司店へ。

ライブは成功しても、金銭的に潤ったわけではないので、向った先はコスパ良好の
魚が〇鮨


f0211837_5555218.jpg

東京等各地にチェーン展開する有名店。
回らない回転寿司というか、寿司のファミレスというか、「通」 の方々は見向きもしないお店ですけれど、気楽に食べられて悪くありません。ウリの 「デカネタ」 は、単純に嬉しいし。



f0211837_14585967.jpg僕は、1,000円ごとにスタンプを押してもらえるポイントカードを持っていて、本日300円割引に到達!
なので会計の時、マイナス300円のお金をレジのオバサンに出したところ、「割り引くのは、次回です」 だって。
たまたまですけど003.gif今日は財布に、あと300円のお金が入っていない!
いやあ、焦った焦った042.gif
[PR]
by G-lariat | 2016-03-06 05:42 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat