<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0211837_13495368.jpg出発から良い気分です。最寄のJR沼津駅。商店街から、聴き慣れたエミーさんの声が・・・。
僕たちのつくった、「♪ ほのぼのわくわく仲見世」です! コンテストで1等賞を取ったのは数年前ですが、今でも時々流してくれるのです。自分のつくった歌が街に流れるのが夢だった僕には、何よりのエール!


奥州の道は、はるか青森まで続くわけですが、江戸幕府が定めた「五街道」は、福島県・白河まで。
前回走り終えた、大田原宿から6㎞ほどの、「練貫十文字」交差点。 白河を目指し、約36㎞のスタートです。3月30日。

f0211837_13515836.jpg          鍋掛宿。
             松尾芭蕉、「奥の細道」の句碑 (1808)。
                      「野をよこに 馬ひきむけよ ほととぎす」
                隣の「正観寺」には有名な枝垂れ桜があるのですが、
                まだツボミでした。
                今年、静岡や東京が大幅に早かったので、
                ひょっとしたら、と期待してたのですが。

f0211837_1512361.jpg
越堀宿
 を抜け、酪農地帯のアップダウンを何度もクリアし、開けたところが
芦野宿。

それぞれの家に、屋号を印した石の灯籠(?)。
古い家並みはなくても、歴史を大切にしようという心意気が伝わります。

f0211837_15143947.jpg


               本日のルート。驚くほどひんぱんに、石仏・お地蔵さん・
               馬頭観音に出会えます。
               今日は肌寒いけれど、気候の良い春や秋には、
               心安らぐウォーキングになりそうです。

                         これは、脇沢の地蔵様。




f0211837_15203553.jpg
栃木県から、福島県に入ります。

福島は大好きで何度も来ていますが、震災後は初めて。
JFAアカデミー福島の選手たちと一緒に歌づくりをしたこともあって、感慨もひとしおです。




f0211837_1525525.jpg陸奥国と下野国の境界には、二社の「境の明神」が並んで建っていました。

左が栃木側 「玉津島大明神」


f0211837_15291161.jpg




                       右が福島側 「住吉明神」

さあ、福島です!

f0211837_15391665.jpg白坂宿 を過ぎ、白河市街に入ったところに、戊辰戦役の碑がありました。

ちょうど今、大河ドラマで「八重の桜」をやっていますね (僕は見ていませんが)。

このあたりは、白河口の激戦地。
会津藩兵304名の墓や、長州藩士・大垣藩士の墓などありました。

f0211837_1545429.jpg白河宿、今のJR白河駅前を正確に旧道トレースした後、ひと走り。

阿武隈川です。

ようやく晴れ間が見えましたが、残念ながら遠くの山並みは雲の中でした。

さあ、あと少し!

f0211837_15581131.jpg小さな丘を快調にクリアし、ついにゴールです。

この何気ない分岐が、女石の追分。 
徳川幕府道中奉行管轄による奥州街道の終点です。。

左が会津越後道。右は仙台松前道。

f0211837_1685972.jpg
碑や案内板の類は何にもありませんでしたが、かわりに戊辰戦役の碑が建っていました。
多くの仙台藩士がここに眠っています。
(この後に出会ったボランティア・ガイドさんによれば、このあたりで戦死した兵は、敵味方問わず、全員埋葬されたそうです。土地柄が偲ばれます)


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f0211837_16171312.jpg
さあ、白河駅まで約2㎞走って戻り、市内観光を楽しみます。

シンボルの小峰城。
迂闊にも僕は知らなかったのですが、日本屈指の見事な石垣なんだそうです。
ところがその自慢の石垣が、あの大震災で崩壊。現在、改修工事中。中に入れなかったのは残念ですが、自分の記憶を風化させないために、貴重な写真かもしれません。

f0211837_1622178.jpg

            ボランティア・ガイドの平野さん(左)と、??さん(右)

            たいへん親切に、詳しく説明してもらいました。感謝!



f0211837_16263737.jpg白河といえば、白河ラーメン!
ガイドブックに載っていた有名店、「鈴木食堂」さんへ。

白河ラーメンの特徴は、あっさり醤油スープと、手打ちちじれ麺とのこと。

美味い! オジサンには、こういうシンプルなヤツがいいなあ。
最近流行の「気合満点系」ラーメンは、疲れてしまって・・・。


f0211837_16342711.jpg

あれま、ビックリ!
小原庄助さん のお墓がありました! 皇徳寺。

     盃と徳利を模したお墓が、なんともユーモラス。

民謡「会津磐梯山」で、「♪ 朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上つぶした」 と歌われた庄助さん。
今日知ったのですが、その辞世もスゴイ! 

「朝によし 昼はなほよし 晩もよし 
      飯前飯後 その間もよし」


爆笑の旅の締めくくりでした。003.gif



本日の走行距離/ 練貫~女石 約36㎞
            白河駅までの帰路を含めると、計約38㎞



 
[PR]
by G-lariat | 2013-03-31 14:01 | ひとり駅伝 | Comments(0)
f0211837_1956948.jpg三島市のゆるキャラ  
「みしまるくん」
「みしまるこちゃん」

公式ソング制作。

先日、CDジャケットのデザインが届いたことを報告しましたが、続いてPR用のチラシです。

これまたキャラの作者、高柳順子さんがつくってくださいました。
(ちなみに高柳さん、おとなり駿東郡清水町のシンボルマークも手がけたそうな。数日前の新聞で拝見しました。
大活躍!)

思いっきり楽しいデザインに、大大大満足!


f0211837_2016639.jpg


                一人だけ微妙な表情だった
                製造部長・ハンセン石井

                CD本体より、チラシの方が先に
                出来上がってしまったわけで・・・。037.gif

                でも大丈夫! 
                約束の期日には、きっちり仕上げます!
                ・・・・たぶん。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-28 20:19 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

松阪牛がやってきた!

f0211837_21184173.jpgわがアパートに、松阪牛 がやってまいりました。
もちろん「四つ足」で歩いてきたわけじゃあありません。
すきやき用 のお肉!

嗚呼、松阪牛・・・。近江・神戸と並ぶ3大銘柄、天下のブランド牛・・・。
牛肉とは、「松〇屋」「〇野屋」「すき〇」 3大名店で、深いお付き合いをしている僕ではありますが、この栄光に満ち満ちた逸品に接するのは、まさに初めてのこと。

f0211837_21203191.jpg

                                         証明書付き!


f0211837_21262994.jpg何でこんな身分不相応なモノが、っていうと、アレです、結婚式なんかでいただく 「自分で選べるギフト」。
いつも迷いに迷った末、結局ムダなモノを選んでしまう反省から (前回選んだ 「お手軽ミニアイロン」 なんて、いまだに箱から出してもいません)、今回はそのものズバリ、 になるものを!ってわけ。



さあ、ついにその瞬間がまいりました。
すきやき鍋など持っていないのでフライパンですが・・・。
                 良いニオイがしてきました。
                 ほんのり赤みが残り、食べごろでしょう・・。
                 
                 いざ! さああ、松阪牛の、そのお味は !?

f0211837_21304759.jpg


       一人で食べても、美味くない!

やっぱ焼肉とかお鍋の類は、大勢でワイワイ言いながらじゃないとダメですね。
友だち、つくろう・・・・。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-26 21:13 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

サクラ、さくら。

f0211837_13424869.jpg僕が住むあたりのお国言葉に、「ラ」 があります (伊豆の中央に行くと、「ズラ」になります)。
標準語の、「だろう」とか「でしょう」とか―― 正式に何というのか知りませんが、質問的な言い回しで確認・強調する時に付ける言葉です。
「食べるだろう?」なら、「食べるラ?
「歌うでしょう!」なら、「歌うラ!
花見が気になる時期には、こんな会話が飛び交います。
「桜、咲くラ !?」

f0211837_1494659.jpg
3月24日、朝。伊豆の国市・韮山あたりを、お花見ジョギング。

この地域一番の桜の名所、その名も 狩野川さくら公園。

夜にはライトアップもあるし、一日中大勢の花見客で賑わいますが、朝の6時半なら、ほら誰~れもいません。満開の桜を、独り占め! (寂しい気もするけど・・)。



f0211837_14174688.jpg

その昔、源頼朝が流されていた
蛭が小島。

満開でした。
f0211837_14205827.jpg
「小島」といっても、狩野川の中洲。流れが変わった現在は、田園風景の中です。



f0211837_14261453.jpg親水公園。

池の淵、ピンクと白の桜が交互に咲いていました。八分咲き。

ヤンキー系にいちゃん(推定年齢・19才)が、のんびり釣り糸を垂らしていました。良い感じでした。

その隣の隣では、いかにもワイルドだぜえ系アウトドアマン(推定年齢・31才)が、10数本もの釣竿を、ワイルドに池にブチ込んでいました。嫌な感じでした。


f0211837_14421564.jpg


             地味な祠に、派手な桜。
 









f0211837_14444026.jpg

江戸の名代官・江川太郎左衛門の
江川邸。

枝垂れ桜は、まだ咲き始めでした。






f0211837_14512816.jpg

             その江川さんが設計した、
         韮山反射炉。

             この地のランドマークですね。

             入場料(100円)払わなくても、
             しっかり見物できるところが嬉しい!

             でも桜は、まだチラホラ。
             そのうち 咲くラ。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-24 13:42 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
三島市のマスコット・キャラ 「みしまるくん・みしまるこちゃん」、公式ソングの制作。
録音完了前に、ひと足早くジャケットが出来上がりました!

f0211837_19384786.jpgデザインは、嬉しいことに
キャラ産みの親・高柳順子さん 自ら。


渡されたデザインを見て、メンバー・スタッフは
 041.gif 058.gif 003.gif 056.gif 006.gif 068.gif



見せたくて見せたくて仕方ないのですが、いちおう市からの正式発表の前なので・・・。


でも内緒で(?)、少しだけ・・・。このCDのために、高柳さんは新しいコスプレを考えてくれました。

f0211837_19535857.jpg


   みしまるくんみしまるこちゃんが持っているのは、マラカス? ってことは、ひょっとして マ〇ボ?
[PR]
by G-lariat | 2013-03-20 19:50 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_1948264.jpg三島市のカルチャー講座・「いきいきカレッジ」
多岐にわたるジャンル、実に28もの講座に、市民が熱心に通い 生涯学習 に励んでいます。
今日3月17日は、その閉講式(卒業式)。1年間の成果を発表する時でもあります。

我らのエミーさんは、その「みんなで歌おう、あんな歌 こんな歌」教室の講師。
今日の式では、生徒さんだけでなく、講師自身の発表のコーナーもあり、僕とハンセン君はそのお手伝いにでかけたのです。
春のうららの三島市生涯学習センター。

f0211837_19511299.jpg本日ご披露するのは、ちょうど1年前、全力で取り組んでいた 「市民でつくる三島の歌・3部作」
から、
「♪ 街よ」


この1曲のみ。
しかし、来るべき「紅白歌合戦」に備え、1曲の中で完全燃焼する良い訓練になるであろう 003.gif と、ハンセン君とふたり鼻息も荒く、エミーさんは花粉症のお鼻に薬を塗りつつ、ステージに向ったのであります。

 f0211837_20102787.jpg 


         本日の秘密兵器 ウインド・チャイム

           借り物です!037.gif  ついでに、シンバルとコンガも
           持っていこうとしたのですが、ハンセン君が
            「頼むからやめてくれ」
           と言うので、やめてあげました。


たった1曲でしたが、何だか妙に楽しく完全燃焼、充実のライブでありました。
来るべき「紅白歌合戦」の、最高のリハーサルになりました。003.gif003.gif003.gif
[PR]
by G-lariat | 2013-03-17 20:11 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

ボイスキュー・3/14

前回お知らせした通り、3/14、地元三島のラジオ・ボイスキューに、福島県立富岡高校瀧本先生、そして三島長陵高校生徒会長・Gくんが出演しました。
僕は遠く離れたクルマの中で拝聴。パーソナリティ・八木英子さんのリードのもと約20分、とても和やかなトークでした。
一緒につくった絆の歌 「♪ この場所で、あなたと」 「♪ だから、今」
ほんのサワリだけだろうと思っていたら、2曲それもほぼフルコーラス流れてビックリ! でも、エエカッコシーじゃなく100%本音で、歌は1曲にしてもっと二人のトークを聴きたかったな、と思いました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0211837_212313.jpg原発事故で静岡県に一時移転したJFAアカデミー福島の選手(富岡高校)に帯同して単身赴任し、2年になる瀧本先生。
「それまで富士山は新幹線からしか見たことはなかったのですが、今は毎朝、窓から見ては元気をもらっています」

八木Pの「好きなお言葉は?」の質問には
「『ありがとう』 ですね。震災以降は、さらに強く思うようになりました」

時が来れば福島に戻られる瀧本先生ですが、この出会いを長く長く大切にしたい、とメンバー一同思っています。

           瀧本先生と、ボイスキューの小坂マッチー。
           去年12月、僕たちの年忘れライブでの1枚です。
           右の白いオッサンがジャマ!


                    <「福島富岡高・滝本先生」 今度は高校の歌づくりです・その10 >

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富岡高生が現在通っている三島長陵高校の生徒会長・Gくん。落ち着いた話ぶりに八木Pも驚いていました。
僕がもっとも印象に残っているのは、歌の言葉について検討した第1回目の制作委員会。f0211837_2131235.jpgGくんの鋭い一言に、取材のテレビクルーも含めて、シーン。その言葉、もちろん使わせてもらいました!

「出来上がった歌を初めて聴いた時は?」 八木Pに聞かれた時
「自分の言葉が歌に入っていて、すごく嬉しかったです!」

富岡高校生についての質問には
「せっかく友だちになれたんだからずっと三島にいてほしいって気持ちと、でもやっぱ早く福島に帰してあげたいって気持ちと・・・複雑」

長陵高校の生徒さんとは、これからも市内様々な所で顔を会わすことでしょう。僕たちは通常のライブでも、一緒につくった2曲の「絆の歌」を歌っていくつもりです。どうぞ、よろしく!

1月17日、富岡高生が生活する「時の栖」 
での記念植樹式にて。
ハンパな50代と、しっかりものの10代。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-15 20:53 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(2)
f0211837_16453078.jpg大震災から2年。何回となくチャリティ・イベントに出演し、また自分たちで企画もしてきました。でも、震災との関わりという点では、原発事故で静岡県に一時移転したきたJFAアカデミー福島(福島県立富岡高校)の選手諸君と一緒に歌をつくった、というのが一番深いものでしょう。

f0211837_1646356.jpgJFAアカデミー福島。日本サッカー協会が、次世代の男女日本代表を
養成すべく設立した、中高一貫全寮制の教育機関。
中高一貫ということは、小学校6年の時すでに、親元を離れサッカーに賭ける選択をしたわけですね。それだけでも僕なんか信じられない思いですが、移り住んだ福島で被災。
彼彼女らのホーム、J・ビレッジ は自衛隊の前線基地になり、通う富岡高校は、立ち入り禁止区域に・・。

詳しいことは聞けずにいるのですが、彼らも避難所生活をしたのでしょうか? 実家へ帰りたくても、しばらく交通網は寸断されたはずで・・。 親兄弟も近くにおらず、本当に不安・恐怖だったと、想像されます。
そして、まさかの静岡県・御殿場市への一時移転・・。歌づくりを追ったテレビのインタビューで、女子選手が
「知らない土地で、不安でした」
と答えていましたが、本当にそうだったろうと思います。
f0211837_16473685.jpg


眼前にそびえ立つ富士山。
震災を経験した彼彼女らの目に、どのように映ったのでしょうか。






f0211837_16481222.jpg

御殿場「時の栖」の緑のピッチ。
ホームを離れざるを得なかった彼彼女らは、どのような思いで踏みしめたのでしょうか。


現在彼らが通学する、三島長陵高校のある先生が、こんなことを言っていました。
「あの子たちは、福島を背負っている」
最初この言葉を聞いた時、ピンときませんでした。だって、彼らは全国から集まってきたわけで、けして福島出身、ではありませんので。 でも、彼らと歌づくりを通して言葉を交わしたり、試合の応援に行ったりするうち、先ほどの言葉を実感するようになりました。

歌づくりの第一歩として、選手たちから歌詞のもとになる言葉を募集しました。
これは3年生の女子が寄せてくれた言葉です。

     3月11日 14時46分、試合終了の笛が鳴る
     福島から静岡へピッチを変え、キックオフの笛が鳴る
     命、家族、仲間、友達の大切さを知った

                              (原文ママ)


f0211837_16484957.jpg
先日、現在彼らが生活する「時の栖」で、記念の桜の植樹祭が行われ、僕たちも出席しました。
最後にゴールキーパーで生徒会長のY君が、立派な謝辞を述べたのですが、その中の一言が、今でも胸に突き刺さっています。
「・・・・残念ながら僕たちの在学中に、復興はなりませんでしたが・・・・・」
できれば福島の地で、できれば本来の母校・富岡高校の校舎で卒業を迎えたかった、という思いが、静岡の関係者への感謝の中にも込められているように感じました。
エミーさん、いわく
「福島への強い想いは、震災を経験したからかもしれないね」

f0211837_17194112.jpg地元三島の有力団体。活動資金も潤沢なその方々は、さらに僕たちからも募金を集め、東北へ向いました。
その時のリーダーさんの言葉
「向こうでドンチャン騒ぎしてくる」
たくさん飲み食いしてお金を落としてくる、というわけです。
それは実効性の高い支援の方法でしょう。
でもそれは、僕たちには出来ないこと。
僕たちは僕たちのやり方で、福島・東北と関わっていこうと思います。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0211837_17245682.jpg
JFAアカデミー福島の選手に帯同し、三島に単身赴任している、富岡高校・瀧本教諭が、
地元ラジオ 
「ボイスキュー」
に出演されます。

      3月14日(木)
      昼12:10
 くらいから20分ほど。


震災の実体験などを話してくださると思います。
また現在、彼らが通う三島長陵高校の生徒会長・G君も出演。
たぶん僕たちとつくった絆の歌・「♪ この場所で、あなたと」「♪ だから、今」 
どちらかが流れると思います。近隣の方、ぜひぜひお聴きください。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-10 15:12 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

とんでもな、オファー

我らザ☆楽団ラリアート、ただいま三島市のマスコット・キャラ 「みしまるくん・みしまるこちゃん」公式ソング制作に全力で取り組んでいるところです。その真っ最中に、新たに歌づくりのオファー。
f0211837_21112266.jpg
いままでイメージソングやらテーマソングやら、ずいぶんたくさんの「ご当地ソング」をつくってきました。
でも今度の依頼は、「商品」の販売促進ソング
イベント等で、購買意欲が高まって高まって高まるような歌をつくってくれ、ってワケ。

でもその「商品」が、とんでもない! いや商品そのものはどこにでもあるものなのですが・・ユニークなネーミングによる付加価値といいましょうか・・・。
最初に見た時、マジに僕は絶句。その後に爆笑。
「みしまるくん」練習日の休憩時間、エミーさんとハンセン君に見せたところ、同じく絶句のあとに爆笑。

f0211837_21115529.jpgでも笑ってる場合じゃあございません。いったい、どんな歌にしたらいいものやら・・・困ったァ。


            お二人に、「困った」 のポーズをお願いしたのですが・・・
            ハンセン君、それは 「困った」 じゃなくて、
            先代・林家三平の 「どーも、すいません」。

ほんとに、スイマセンとならぬよう、メンバー一同 「進め火の玉」!
「ほしがりません、勝つまでは」
の精神で、任務完遂の覚悟であります。
「天気晴朗ナレドモ 波高シ?」

f0211837_21264753.jpg

写真は、本文と関係ありません。

f0211837_2128679.jpg
         写真は、本文と
         ほんの少し関係あります。
[PR]
by G-lariat | 2013-03-08 21:10 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
伊豆の玄関、熱海・湯河原。極めてメジャーな温泉地ですが、「梅」も全国的に有名で、この時期の「梅まつり」には大勢の観光客が訪れます。
それは結構なんですけど、結構でないのが、いつもはタダの公園が、この時だけ有料になること!
でもご安心ください(?)。金を取られるのは、開門から閉門まで。それ以外はタダ。実際に「門」が閉じられるわけじゃないし、見放題、公認されたフリーパス。
数百円とはいえ、タダより安いものはナシ。しかも時間外ならお客さんも少なく、ゆっくり鑑賞でき、まさに一石二鳥。

で、行ってまいりました。3月2日。熱海・湯河原、梅まつりのハシゴです。

熱海梅園 朝6時30分。
f0211837_20201917.jpg

ちょうど見頃を迎えたところでした。時間内なら人・人・人でしょうけど、このとき僕が出会ったのは老夫婦2組と、こっちが挨拶してんのに無視しやがった散歩ジジイ1名のみ。 ほんと、ゆっくりじっくり梅を鑑賞させてもらいました。駐車場もOK!

               熱海梅まつり 1/12 ~3/3 開花が遅れ、3/10日まで延長
               300円 有料時間 8:30~16:00

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


湯河原梅林 幕山公園  朝7時30分。
f0211837_20354178.jpg


知人の駐車場にクルマを停め(むろん、タダ!)、約3㎞坂道をジョギングして行きました。
最盛期には山の斜面いっぱいに咲き誇るのですが・・残念ながら3分咲き程度。でも品種によっては満開で、赤い可憐な花が青空に映えていました。
駐車場は、第1から第6まであり、2から6はロープが張ってありましたけど、ゲートに最も近い第1はフリーでした。たまたまかもしれませんが。

              湯河原 梅の宴 2/9~3/10 やはり開花が遅れ 3/17まで延長
               200円 有料時間 9:00~16:00



f0211837_2145599.jpgどちらも、今年は梅の開花が遅れているようですね。
でも海は、あたたかな日ざしがいっぱい。
春の到来を知らせているようでした。


青色キラキラ!
湯河原海岸


もちろん、タダ!!
[PR]
by G-lariat | 2013-03-04 20:31 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat