<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0211837_17501715.jpg

三島市のマスコット・キャラクター、みしまるくんみしまるこちゃん

いま地元で大人気、あっちでもこっちでも見かけるこの「ゆるキャラ」の公式ソング を、僕たち ザ☆楽団ラリアート がつくることになりました!

f0211837_1843382.jpg昨年の終わり頃、そんな嬉しい話が持ち上がり、メンバー3人、あーだこーだ言いながら密かに歌づくりをスタート。
で先日、キャラの作者さんと市の担当の方を前に、生演奏で披露 (プレゼンテーションですね)。
おかげ様で気に入っていただき、正式にゴーサインが出たのです!


お決まりのポーズで失礼します。
大っきなまる!

    前列左が、三島市企画課のN好青年。
    右が、「みしまるくん・みしまるこちゃん」生みの親、高柳順子さん。

f0211837_19204815.jpg

               僕は特別にツーショットで、「小さなまる
               (って、丸くねーぞー)。

4月に市長から正式発表の予定 (このブログでの公表は、OKをもらっています)。
そしてCD化の上、5/5 こどもの日にホコ天でお披露目、というスケジュール。
GWに向けて、また忙しくなりそうです。

         乞ご期待!!
[PR]
by G-lariat | 2013-01-30 18:12 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_1583690.jpg静岡県東部、7つの定時制高校が一堂に会する催し、「静岡県東部高等学校 定時制生徒合同文化祭」に行ってきました。目的は、もちろん一緒に「絆の歌」をつくった三島長陵高校です。

              沼津市民文化センター。
              ステージの部は小ホール (といっても、
              キャパ526の広さ!)
              展示の部は展示室が会場です。

歌づくりに大きな力を貸してくれた合唱部と吹奏楽部の熱唱熱演を聴きたかったのですが、時間的にどうしても無理。
今回は展示の部だけの見学になりました。
f0211837_15185350.jpg
長陵のブースに入って、いきなりビックリ。
よ~く知ってるエミーさんの歌声が聴こえてくるではありませんか。

先日ようやく録音が完了し、学校へ届けたばかりのCDが、BGMに使われていたのです。

f0211837_1545814.jpg





                       書やポップアート、
                       さらに地域貢献活動の
                       報告などなど、授業や
                       部活での成果のほか、
                       僕たちとの歌づくりの
                       模様も、モゾウ紙3枚も
                       使って、大々的に紹介
                       してありました。

f0211837_15504139.jpg


f0211837_1655486.jpg
スナップ写真もたくさん。半年に渡った歌づくりのことを、あらためて思い出しました。

最初に高校を訪れた時・・・個性豊かでエネルギッシュなキャラに圧倒される思いでした。
僕が高校生の頃、「定時制」はいわゆる経済的な理由から通う場合がほとんどでした。今は違うようですね。さまざまな事情から定時制を選択していると聞きます。悩みを抱え、もがいている人もいるでしょう。苦しさの真っ只中の人もいるでしょう。
でも、でも間違いなくいえることは・・月並みな言い方ですが・・若いって素晴らしい!
お世辞ではなく、誰もがみんな、キラキラ輝いて見えました。若いっていうのは、もうそれだけでドラマなんですね。

f0211837_1695270.jpg

              校長先生(右)、教頭先生と。

              今日、お会いできるとは思って
              なかったので、 ちょっとビックリ!

                  僕が持っているのは、
                  プログラムです。

実際の演奏は、残念ながら聴けなかったけれど、合唱部・吹奏楽部の「応援」のため、楽屋へ。
f0211837_1633810.jpg

          手ぶらで行った僕は、大バカ者です。
[PR]
by G-lariat | 2013-01-26 15:31 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_1755878.jpg1月17日、「時之栖」での記念植樹。あらためてご報告です。

                    寒さが予想された御殿場。
                    しかし当日は、心配無用な穏やかな晴天。
                    どなたのおかげ・・?
  
                    マスク姿でマイクチェックのエミーさん。

f0211837_1710466.jpg太陽がサンサンと輝く午後、三々五々(嫌だな、オヤジギャグ) JFAアカデミー福島 の選手(富岡高校)たちが集まってきました。

ふざけ合ったり、キャピキャピ言葉だったり、ふだんはまったく普通の高校生ですね。

ちなみに、男子寮は広大な「時之栖」の西端、女子寮は東端にあります。


f0211837_17221080.jpg

未来の日本の守護神? 吉田君とエミーさん。

吉田君は最初に会った時、体はデカイし、表情は硬いし、こちらがビビるほどでした。
それが会うたびに表情が和らぎ、親しく言葉を交わせるようになりました。

慣れない環境の中での生徒会長。大変でしたね。ご苦労様でした。

f0211837_17295331.jpg




                          三島長陵高校を代表して、
                          生徒会長のG君。
                          個性豊かな生徒たちを
                          一生懸命まとめています。


f0211837_187971.jpgさあ、植樹式の始まりです。

きっちり整列の選手たち。
腰パンもいなけりゃ、ウ〇コ座りもおりません。

本日取材は、
テレビ静岡。

アシスタントの女性は、「三島3部作」・収録初日の時もご一緒。
「ありゃー、久しぶり!」


まず1分間の黙祷。長陵高校・土屋副校長先生の経緯説明のあと、僕たちの

  ♪ この場所で、あなたと

残念ながら写真を頼むのを忘れ、No Photo !

f0211837_1816423.jpg

                     アカデミーのスクールマスターと
                     長陵高校・校長の挨拶。


                     恵谷校長先生です。


f0211837_18341100.jpg目録贈呈のあと、いよいよ植樹です。
2名1組で、5組。作法通りの植樹が行なわれました。

その所作は、けっこうユーモラス。
生徒たちは、あちこちでクスクス。このあたりも、普通の高校生ですね。

写真は、恵谷校長と、アカデミー福島・中田男子監督。


f0211837_18445542.jpg


         「時之栖」社長の挨拶のあとに、謝辞。

         もちろん生徒会長の吉田君です。

         マスコミへのインタビューも見事にこなす彼。
         今日も堂々、感動の謝辞でした。
         吉田君、早くも2月から、進学する大学の合宿に
         入るそうです。

式の最後は、僕たちの ♪ だから、今

男子は照れくさい表情ながら一緒に歌い、女子は右手を突き上げるポーズで盛り上げてくれました。



未来のJリーガー! 未来のなでしこ!

f0211837_194611.jpg


3年生は今月、この「時之栖」を去ります。卒業式は3月ですが、それはホームである福島で行なわれます。
つまり、彼・彼女らとは、今日でサヨナラ、です。

原発事故をはじめ様々な偶然が重なり、出会うことができました。この出会いは、とても大きなものがありました。サッカーの「エリート」だからってことではありません。夢に向ってまっしぐら、一直線に進む熱い姿に、胸を打たれるのです。
アカデミーは中高一貫の全寮制。小学6年生の時にすでに、親元を離れサッカーに賭ける道を選択したわけです。それだけでも驚きなのに、移り住んだ福島で大震災・原発事故。まさかの御殿場一時移転。
10代半ばでこんな凄まじい経験をしてきた彼彼女らです。なんとか夢を叶えてほしい、心の底からそう思ってしまいます。努力すれば夢は叶う、ってほど現実は甘くありません。それでも何とか夢を叶えてほしい、そう願わずにはいられません。
日の丸を背負い、世界のピッチを駆ける雄姿。テレビのこっちで応援できる日が来ることを、ただただ祈るのみです。


GOOD LUCK !!

f0211837_208885.jpg

記念に設置されたプレート。イルミネーションのトンネルのすぐ横にあります。
[PR]
by G-lariat | 2013-01-20 17:33 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
本日1月17日、御殿場・「時の栖」において、JFAアカデミー福島(福島富岡高校)と三島長陵高校による記念植樹が行なわれました。
イルミネーションや地ビールで有名な、「時の栖」。原発事故で一時移転を余儀なくされたアカデミーに手を差し伸べ、住居や練習場を提供しているのです (生徒は、ここからマイクロバスで長陵高校に通っています)。
今回の記念植樹はそのお礼、感謝の気持ちから。
両校の「絆の歌」を一緒につくった僕たちも招かれ、みんなで2曲を歌いました。

f0211837_21224124.jpg想定外だったのは、テレビの取材があったこと。しかも放送は、当日の今日!
知ってれば予約録画しといたのに・・。仕方ないので、所用で伺った御宅にお願いし、無理やりテレビをつけていただきました。


      式はまず大震災で犠牲になられた方
      への黙祷から。
      左端に僕も映ってます。

f0211837_21284120.jpg 

植樹したのは、福島の桜の苗木。

放送では、有名な三春の滝桜が紹介されました。

相当な昔、三春に行ったことがあります。でもその時は「滝桜」の存在を知らず、季節も真冬。
今度は桜の咲く頃に行ってみたいなあ。  




f0211837_21343350.jpg 

みんなのまとめ役、生徒会長でゴールキーパーの吉田くん。
見事なほど、礼儀正しい高校生です。
今日も、僕たちの姿を見るや、真っ先に挨拶に来てくれました。

卒業後は、関西の某大学に進学するそうです。




式の模様は、後日あらためてご紹介させてもらいます。
未来のJリーガー・なでしこ たちと、記念の写真も!
[PR]
by G-lariat | 2013-01-17 21:47 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_2036912.jpg静岡県立三島長陵高校
福島県立富岡高校(JFAアカデミー福島)
「絆の歌」づくり。

いよいよ最終工程になりました。

f0211837_20491455.jpg
リードボーカルの録音。

年末、酷使に酷使を重ねたノドもお正月で休め、コンディション上々のエミーさん。
リードボーカル・2テイク、コーラス・1テイクで、見事天晴れにキメてくれました。

このあと早速、ハンセン君がミックスダウンに。
これにて、我らザ☆楽団ラリアートのお役目、完了です!

さあ、あとは長陵の生徒さんによるCDジャケットのデザイン。
どんなジャケットが出来上がるのか、僕たちも楽しみに待っています。

                                          音の「加工」が必要ないエミーさん。
                                          かわりに写真を加工してみました。
                                          これは「キャンバス地」。
f0211837_2111743.jpg

いれたてコーヒーで、ささやかに乾杯。

みんな精一杯やりました。

お疲れさま!


           ♪ 「この場所で、あなたと」 

              見てきた桜も 空もちがう
          でも今 同じ道を こうして歩いている
 



3月には卒業式。アカデミーの選手たちは、この三島ともお別れになります。
でも何かの折に高校生活をふり返った時、
「そういえば、『歌づくり』 なんてのもやったよなあ・・」
両校の出会いを歌ったこの歌を思い出してくれたら、こんなに嬉しいことはありません。
[PR]
by G-lariat | 2013-01-15 20:52 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

日本一遅い年賀状

遅ればせながら、我ら ザ☆楽団ラリアート、2013のスタートであります。
今年はどんな年になるのでしょうか。
おかげさまで、すでにいくつか「歌づくり」のオファー。それにお応えするだけで、一年あっという間かも・・。
ともあれ、あせらず、気張らず、手を抜かず。メンバー一同笑顔で進んでいきたいと思っております。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
f0211837_18192173.jpg


f0211837_18202958.jpgワタクシの北海道土産・花畑牧場・「もちっぷす」。

お二人の評価はサンザンでした。
ハンセン君は、「・・・まずいっすねえ、これ・・」 の言葉とこのお顔。
気配りのエミーさんは何も語りませんでしたが、一口後、二度と手をのばしませんでした・・。
スタートから、リーダー赤っ恥。
田中義〇さん、どーしてくれる!
[PR]
by G-lariat | 2013-01-12 18:31 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
今年も年越しは、「フェリーで北海道」。毎年毎年おんなじパターンです。数えてみたら、ここ10年で8回。雪の北海道の魅力はもちろんですが、長距離フェリーにハマっているのです。
f0211837_17495166.jpg僕は、茨城・大洗からの太平洋ルート(商船三井)をとることが多いのですが、今回は日本海ルート(新日本海フェリー)。
午前10時30分発、
新潟発・小樽行き
3回目です。

(ほんとはこのルート、乗るなら小樽発の南行がオススメです。眺望ポイントの、小樽~積丹半島。ここの通過が、小樽発だとお昼頃なのですが、新潟発だと夜中の3時頃で何も見えないのです。)

    「ゆうかり」の雄姿。巨大なそのお姿に、胸が高鳴ります。f0211837_18932.jpg


新潟港へは路線バスで10~15分。バス停から、徒歩15分くらい。
もちろんお金に余裕があれば、タクシーもあります。

            新潟港のフェリーターミナル。大洗より小ぶりです。
            日にちにもよるでしょうけど、意外なほど空いてました。

f0211837_18162056.jpg

さあ、船内へ。ここが「ゆうかり」のエントランスホール。
太平洋ルートの船より、シンプルでした。
そのぶん、お値段は安めです。
なお乗船券は帰りに必要になるので、なくさないように。



f0211837_18193191.jpg

午前10時30分、定刻に出航です。

唯一の見どころ、信濃川河口
新潟港は、海ではなく、信濃川の河口にあるのです。



とにかく巨大な船体。まずは船内の位置関係を把握し、諸々の施設の探検に出かけます。
f0211837_18242163.jpg
ゲームコーナーは当然。
f0211837_18291045.jpg

「スポーツルーム」という表示があったので何かと思えば、ホッケーゲームでした。



f0211837_18314688.jpg
映画は無料で楽しめます。

今回は、B級の洋画2本と、
邦画・「げげげの女房」 でした。
f0211837_18334672.jpg
                  

                  嬉しいお風呂。 眺望風呂ですが、実際には
                  塩がかかっていて、景色はあまり見えません。

                  少し揺れてる時が面白い。船の揺れに合わせて、お湯がドボ~ン。

ここまでは良かったのですが、今回マヌケなカン違いを思い知ります。
長距離フェリーには「電子レンジ」が必ずあるものと思い込んでいました。しかし、備えていない船もあるんですね。夕飯用にコンビニで買った「レンジ専用カレー」はパーになりました。
(給湯設備はOK。フェリーで食べるカップラーメンは格別です。負け惜しみではなく!)

写真には撮りませんでしたが、もちろんレストランもあります。少し高いのは仕方ないとして、営業時間が限られてるのが難点。


f0211837_1850576.jpgほとんど揺れないまま、定刻の早朝4時30分、小樽港に接岸。
写真はデジカメのノイズリダクションで華やかに見えますが、実際には灯かりはポツリポツリ。
「夜景」というほどではありません。

朝の4時半ですから、路線バスはありません。でも船内の予約で、札幌直通バスが利用できます。
小樽に向う場合は、一般的にはタクシー、僕のように金銭に堅実な考えの人間 (要するにビンボー) は、徒歩を選びます。観光ポイントまで約20分。駅まではさらに20分くらいで行けます。

f0211837_1931669.jpg
                 とはいえ慣れない雪道は恐いもの。
                 そんな時、強~い味方がこれ。
                 コンビニで売ってるストッパー。630円。
                 靴屋さんで「スベリ止め」を求めると、
                 2,000円くらいのものをすすめられますが、
                 旅行での街歩きならこれで充分。
                 これなんか、3シーズン使ってます。

f0211837_2271524.jpg



♪ 粉雪舞い散る小樽の駅に




< 長距離フェリー入門 >
[PR]
by G-lariat | 2013-01-08 18:05 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(2)

2013 第一便

f0211837_13242768.jpg謹賀新年

さあ、2013年です。
今年は、どんな年になるのでしょうか。

ザ☆楽団ラリアート としては
「1日1歩 3日で3歩 3歩進んで
2歩下がる
 (星野哲郎/作詞家・天上人)

高望みやヘンな夢は見ず、今まで通り地道に地道に 地域密着型音楽活動 を続けていけたら、と思っています。
僕とハンセン君は長いこと 「出演者10人、お客さん3人」 なんてとこでやってきましたので、現在の恵まれぶりがウソのよう。今のままで、充分すぎるほど幸せです。


僕個人としては、
「3歩進んで5歩下がる 回れ右すりゃ2歩前進」

(水口真/正業不詳・静岡県在住)
ひたすら呑気に、ただし犯罪だけは犯さないで、ささやかに生息できれば、と・・・。



f0211837_13512685.jpgともあれ、今年も たくさんの笑顔 
に出会えることを、メンバー一同心から願っております。


「でもだけどね。レントゲンだってね、ニッコリ笑って
映した方がいいの。だって明るく撮れるもの、その方が」
 
(車寅次郎/セールスマン・住所不定・本籍地東京都葛飾柴又)

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 040.gif058.gif056.gif
[PR]
by G-lariat | 2013-01-05 13:56 | 昭和的日々 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat