<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

思いがけず、通う高校の歌づくりを一緒にすることになった JFAアカデミー福島 の選手たち (福島富岡高校)。 女子の公式戦が、久しぶりに近所で行なわれるというので、僕も応援に駆けつけました。

f0211837_17572753.jpg
VS
JAPANサッカーカレッジレディース

10月28日 沼津愛鷹

選手入場。ポータブル・スピーカーからとはいえ、おなじみのテーマ曲。
胸が高鳴ります。


f0211837_1852468.jpg


f0211837_188213.jpgさあ、キックオフ!

僕の左には、静岡県立三島長陵高校の校長先生。
右には、福島富岡高校の青年教師。
そして正面には、次の五輪やW杯を狙う、
なでしこ予備軍
・・・・・こんなシーン、1年前には、「まったく」を10回言っても足りないくらい、まったく考えられませんでした。

f0211837_18171415.jpg

右サイドを上がった16番・守屋都弥選手(奈良県出身)。
中央で待つ7番・成宮唯選手(京都府出身)に、パスはつながるか?

必死で守る サッカーカレッジの守備陣。年齢が少し上のせいか、体格では優っているように見えました。



                 行け、行け~!!
f0211837_1912470.jpg


押し気味にゲームを進めるも、得点ならず。前半は、0対0。
f0211837_19134537.jpg

          今日も福島からお出でのサポーターさん。
          7月の御殿場での試合の時、長陵高校の
          先生にご紹介いただきました。
          「どーも、どーも!」

          本日もフルタイム、大声と太鼓で熱烈応援でした。


f0211837_19213963.jpg
顔と名前が一致する数少ない一人、
9番・増矢理花選手(徳島出身)

ポイントゲッターの彼女、ゴールに向う姿は躍動感満点。


ああ、望遠付きのカメラが欲しい!

f0211837_19281269.jpg


シュート! は惜しくも、ワクの外。

「入った!」 と叫んだ僕は、少々浮いてしまいました。




引き分けかと思われた終了間際、ついに GOAL !!

4番・三宅史織選手(北海道出身)

f0211837_19384420.jpg写真は撮れませんでしたが、この眼でしっかり目撃しました!

歓喜のハイタッチ!


ああ、良いカメラが欲しい!
どっかに落ちてないか? (10年ほど前、僕は北アルプスで一眼レフを拾った経験があります)



そして終了のホイッスル。1対0 勝利の笛です!

サポーター席の前で整列した選手たち。「応援、ありがとうございましたアー!」
f0211837_19541177.jpg


f0211837_20354100.jpg「勝ちましたねえ」「良かった良かった」
僕も先生方と勝利を喜び合いました。

するとそこに、「水口さん、弁当!」
??? 首を傾げつつも、断ることを知らない僕。 まわりの皆さんに従い、素直にいただいて帰りましたが・・・。
開けてビックリ! なんとまあ豪華なこと!!  これも勝利の味?

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

驚くのは、選手がこれから、地元の子供たちを招いたサッカー教室の先生をつとめるってこと。
「アカデミーが試合後にサッカー教室を開く」 というのは新聞で知っていましたが、まさか試合直後の彼女たちが先生役とは!
ほんの少し、監督さんと話が出来たので、そのことを言ったら、
「それも彼女たちの役目ですから」 と、あっさり。
アカデミーのHPによれば、「エリートとは特権階級の意味ではなく、地域に貢献できる真のリーダーのこと」。
それを実践、なんですね。

アカデミーは中高一貫の全寮制。てことは小学6年の時すでに、親元を離れサッカーに賭けることを決断したわけです。それだけでも驚きなのに、あの大地震・原発事故の被災。そして福島から、まさかの御殿場移転・・。
10代半ばで、こんな凄い経験をしている彼・彼女らを見ると、心の底から 「幸あれ!」と祈りたくなります。全員が全員、日本代表になれるわけではないのは分かっているけれど、それでもすべての選手に日の丸を背負わせてやりたい、と思ってしまいます。
f0211837_2191373.jpg

選手たちにも協力してもらって、高校の「愛唱歌」は出来上がりました。
あとは11/17、全校生徒の前での発表と、CDの録音を残すのみです。終りが見えてきました。
でもこの 「絆の歌」プロジェクト が終了しても、ずっと僕は 「アカデミー」 のことを応援していこうと思います。近くで試合がある時は、足を運ぶつもり。
いやけして、お弁当が目当てではなく・・・。
                                          長陵高校のPTAや後援会の横断幕です。


  <女子サッカー・「次期なでしこ」を見てきました。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-29 18:06 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_16403932.jpg9月に行ったサントリーの工場見学で、味をしめた僕。
     <無料(タダ)を讃える・その4 「サントリー白州工場」
今度は、愛知県岡崎市の 八丁味噌工場 です。

「カクキュー」。
江戸初期創業の老舗。テーマパークみたいな洋館ですが、現役の本社。大正時代の建物で、文化庁の登録文化財だそうです。

f0211837_16422015.jpg

           一組10数人。アカの他人が、徒歩でゾロゾロ。
           老若男女、呉越同舟、同床異夢・・・四文字熟語が
           浮かんで消えて。

f0211837_16465796.jpg




ガイドは、味噌汁がピッタリお似合いの女性でした。


f0211837_1651412.jpg

明治40年建築の味噌蔵を改築した「資料館」。味噌製造の過程が分かる人形や、貴重な歴史資料を展示。ここが舞台になった朝ドラ(純情きらり)や、皇室方のお写真もありました。

岡崎は、徳川家康の生誕地。八丁味噌は、風味と保存性に優れ、三河武士が兵糧として愛用したとのこと。また潜水艦や南極観測隊の食料にも用いられたそうです。

f0211837_1714479.jpg
「寝かせ蔵」。今、まさに製造中です。
その量、6トン! そして職人さんが見事に積んだ重石、なんと3トン! 大きな地震でも、崩れたことはないそうです。
すごいぞ、職人!! 



f0211837_17122231.jpg


1時間弱の見学を終え、さあ待ってました、試食コーナーです。

少量とはいえ、八丁・赤だし、2種類の味噌汁。一口大の味噌田楽。

もうちょっと味噌汁が飲みたいなあ・・と、タダにも関わらずダダをこねようとしたら・・・さすがです!f0211837_1719439.jpg



                   最後に 味噌のお土産が!



                                        めでたし、めでたし。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-27 16:49 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

富士山、白い冠

富士山が好きです。てっぺんにも、かなりの回数登っています。
とはいえ、ここしばらく御無沙汰。「今はブームで凄い混雑」、というウワサに恐れおののいて、です。

でもまあこの時期なら大丈夫だろう、冠雪なった富士山を間近で眺めよう、とクルマを走らせました。
ダイハツ・ハイゼット。BMGは、なぜかボブ・ディラン&バンド「偉大なる復活」。助手席は、おなじみ透明人間。(10/21)

f0211837_19244140.jpg
     水ケ塚公園からの絶景。真ん中の大きな穴ボコが、宝永火口です。


その火口のフチ。凄い迫力でしょ。富士宮口・新五合目駐車場から、徒歩わずか20分。僕の大好きな場所です。
f0211837_19252399.jpg

崖の落差、推定6~700m 。スカイツリーの全高(634m)と、ほぼ同じ。こりゃ落ちたら死ぬわ。

火口にも降りられます。底からの眺め。写真が一列に並んでませんけど、左・正面・右、だいだいこんな具合。
撮り方が悪くて平べったく見えますが、実際は見上げる感じです。

f0211837_19271073.jpg
f0211837_19264516.jpg
f0211837_19273479.jpg


なんか月面みたいですね (行ったことありませんけど)。




宝永火口は、まさにアナ場003.gif です。新五合目までクルマで行ったら、ほんの一足延ばすことをオススメします。でも霧の時は道を失いやすいので、判断は慎重に。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-24 18:15 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(2)
「あかりの回廊」 点灯式の記事が、2日遅れて静岡新聞に掲載されました。
有難いことに最近ちょくちょく新聞に載っけてもらっていますが、後ろからのショットは初めての体験です。

f0211837_2001585.jpg

[PR]
by G-lariat | 2012-10-22 19:51 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
10月18日、三島市 「あかりの回廊」 の点灯式に参加してきました。初めてです。
f0211837_20563353.jpg
この日は、天気も味方してくれたみたい。
台風・前線・低気圧の悪玉勢揃い。前夜から断続的に降り続いた雨が、開始数時間前にピタ。そして終了後1時間ほどでまた降り出す、という絶妙さです。まず、天に感謝――。

つるべ落としの午後5時15分、乗降客でにぎわうJR三島駅。
豊岡三島市長、観光協会会長、商工会議所会頭による点灯のセレモニーからスタートしました。

f0211837_2057551.jpg



                 秋から冬へ。
                 三島の夜を彩る、
                 光のファンタジーの始まりです。



f0211837_2115456.jpg
洗心の灯かりと涼やかな水音をバックに、さあ 
「市民がつくった三島の歌・3部作」
CD贈呈式
 です。


「ザ☆楽団ラリアート、雑踏の中で出番を待つ」――の図。


CDのコーラスにも協力してくれた、シニア歌声クラブの皆様と、「街よ」を。
f0211837_21295888.jpg

          ♪  街よ 街よ 街よ わたしのこの街
                        ♪   三島 三島 三島 わたしの三島よ


f0211837_2140770.jpgプロジェクトのスタート、広報・新聞・ラジオ・口コミ、出来る限りの方法を使って、広く市民から「言葉」を募集しました。想像をはるかに上回る応募がありました。
その中から抽選で、3名様に。



豊岡市長から、お一人お一人に、CDと感謝状が手渡されました。
(市長は、CDのコーラスにも参加されています)


f0211837_2146286.jpg


f0211837_21482225.jpg          感謝――。 
[PR]
by G-lariat | 2012-10-19 21:23 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_20354039.jpg「あかりの回廊」――。JR三島駅から市街地に向けて、竹あかりが街を彩ります。
秋の夜長、三島の夜をメルヘンチックに楽しんでもらおう、という企画です。

あした10/18(木)は、そのオープニング。豊岡市長による点灯式が行なわれます。
有難いことに僕たちも呼んでいただき、演奏することになっているのです。
うれしいなあ。


               
                                      写真はイメージです。


セレモニーは、もう一つあります。
この春、僕たちが中心になって制作した、「市民がつくった三島の歌・3部作」。
これは、「有名作家に頼むのではなく、市民自身で自分たちの街の歌をつくろう」と、市長、日本大学学部長から、お年寄り、子供、障害をもった方々、みんなが力を合わせてつくったCDです。
そのスタート、広く市民から言葉を募集した時に約束したこと。「CD完成のアカツキには、若干名様にプレゼント」――。

f0211837_21222058.jpg諸事情により少々時間がたってしまいましたが、点灯式に合わせて、その贈呈式も行なうことになりました。プレゼンテーターは、有難いことに豊岡市長が務めてくださいます。

みんなが熱い心をぶつけたあの日――。
それぞれが、それぞれの持てる力を寄せ合ったあの日――。
ファンタジックな竹あかりに、あの歓びに満ちた春の日が浮かんでくるでしょうか。
涙腺がゆるんでしまうかもしれません。 (泣くなよ、おめーよ)


                                      写真はイメージではありません。



JR三島駅・南口 午後5時から。
近隣の方、ぜひ足をお運びください。

天気がちょっと心配・・・小雨決行です。

(あかりの回廊は12/25まで。点灯は毎夜16時~22時)
[PR]
by G-lariat | 2012-10-17 20:36 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_1639514.jpgきのう(10/13)は、「三島バル」の協賛ライブ。
涼しさを感じられる季節。温かなおでんを食べた時のような、ほっこり良い心持ちの夜になりました。

まずはエミーさん指導による、歌声コーナー
童謡唱歌は不滅ですね。
先日、歌声喫茶の象徴・新宿「ともしび」に出張ったエミーさん。一段と気合が入っているようでした。

f0211837_2081414.jpg
ジャマ以外の何者でもない僕とハンセン君は、外で呼び込み。でも役目を果たす前に、救急車がピーポーピーポー。
「あのキーは何だ?」
???
ハンセン君が戸惑っているうちに、救急車はサッサと通過していきました。
今度あらためて呼んでみようと思います。(呼ぶなよ)

                                                photo by 隣の化粧品屋のダンナ。
                                                左のガラスに写ってます。

久しぶりで、嬉しい方とお会いできました。
長いことカバー専門できた僕たち「ラリアート」が、最初に手がけたご当地ソングづくり。それは三島のカルチャー講座「いきいきカレッジ」のテーマソング2曲なのですが、その1曲の詞を提供してくれた方です。f0211837_16545581.jpg
「歌おうこの街わが故郷」
この歌がユニークなのは、3番それぞれ作詞者が違うこと。2番は我らがエミーさん。3番は、これがきっかけでいつもライブに同行してくれるようになった、Iさん(中央)。
そして1番をつくってくれたのが右の紳士、Mさんです。ここ1年ほどお顔を見ることがなかったので、ほんとにビックリ嬉し、でした。
     ♪ 山をごらんよ  富士の峰を
      豊かにわく水 そのみなもと
      ゆれる梅花藻 光るせせらぎ 
      社の街に 清く流れ


       作詞者3名揃いぶみ                  いまこの歌はお隣の函南町、NTT病院の
                                      健康体操曲としても使われています。



僕たちが演奏を始め、少ししたころ・・ドアにこれまた嬉しい親子づれの姿。
この春、三島市長まで巻き込んでつくった「三島3部作」の中の1曲、「三島ものがたり」。そのモデルのご一家です。でも実は、お名前さえ存じ上げません!
f0211837_1865764.jpg三島で出会ったカップルがやがて結ばれ、子供が産まれて・・ってストーリーの歌をつくろうと思ったのですが、どうもうまくイメージできません。僕は家族がいないし、エミーさんは子供がいない。ハンセン君のところはすでに大きく育っちゃった・・。そこで、ちょうど1年前の「バル」の時、夜遅いにも関わらず、ずっと僕たちの演奏を聴いてくれた可愛い女の子。後日別のライブでも「応援」してくれたご一家を、勝手にイメージさせてもらったのです。そしたら、歌詞がすーっと。
   ♪ やがて君も歩くのか あの並木道
     友と出会い恋人と 語る街角
     健やかに育て 私の子よ
     深い祈り手を合わす 社に向かい


しばらくお姿を拝見できなかったので、もしかして転勤とか・・なんてみんなで話してたんです。だからこれまた、ビックリ嬉し!
「三島3部作」のCDは、市内すべての小中学校に配布されています。この子が学校にあがって、自分がモデルのこの歌を耳にしたら嬉しいねえ・・なんて、なんか親戚のオジサン、オバサン(もとい、オネーサン)になった気分の僕たちでした。



さあ、ライブも終盤。今度は、いかにも西洋からと思われる方が、あちら特有のフレンドリーな笑顔で「S席」に。
日本に来たばかりで言葉は分からないとのことでしたが、エミーさんとコーラスAの通訳で、「ハワイの方で、Pさん。1年間日本に勉強に来た」、てのだけはアンダースタンド。

f0211837_18395499.jpgハワイってことで僕が即興で、「タフワフワイ」(牧伸二 ♪ あーやんなっちゃった の原曲)をやったら、
Yeah! (Yay!だったかもしれません)。
ハンセン君が、「同じアメリカでしょ」と大ざっぱに、B・ディラン&バンドの 「アイシャル・ビー・リリースト」をピアノで弾き出したら
Wow! (Boo!だったかもしれません)
調子にのった僕たちは、Pさんをマイクの前に引っ張り出し、歌ってもらいました。
「イマジン」
Pさんの本物の英語の熱唱に、旧三島宿・小中島の音楽館「プローベ」はシーンと静まりました。


「音楽」をやっていたからこそ、出会えた人がいます。
それはとても嬉しいこと。幸せなこと。
今日、あらためてそんなことを思いました。
良い夜です。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-14 17:08 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_20424535.jpg


f0211837_2192917.jpg早いもので、初開催からもう1年です。
あの時は、大成功とはいえ、初めてのこと。多少の混乱もありましたね。開会セレモニーに呼ばれてた僕たちも、あっちで歌え、こっちで歌え、もう1ステージ頼む・・本部会場の老舗ホテルで、てんやわんや(死語?) の大騒ぎでした。
参加店やスタッフの熱意のおかげで、イベントは大好評。一気に三島の街に定着した観があります。


第1回 みしまプラザホテルのエントランスにて

新聞によると、静岡県は 「バルのメッカ」とのこと。10~11月だけで、6つの「街バル」が開催されるそうです。
でもこれは楽しい企画ですね。普段なかなか食べられないものにチャレンジしやすいし。
ちなみに僕は、第1回目は何も食べず。2回目は、「後バル」で、うなぎと餃子をいただきました。

f0211837_21222968.jpg今回も前回同様、本拠地:「音楽館プローベ」で協賛ライブです。
本町交差点プラザホテル方面2軒目。近くを通ったら、ぜひお寄りください。

〇 PM2時~4時 エミーさんと「うた倶楽部ヴォーチェ」による「歌声教室」  
〇 PM4時~6時 ザ☆楽団ラリアート
〇 PM6時~ エミーさんと「アクアベルズ」による 「ハンドベル体験講座」 
           
  
第2回 「プローベ」にて
この日はなぜか「昭和のダンス大会」に
なってしまいました。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-12 21:07 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_18333539.jpg有松 は東海道五十三次の39番「池鯉鮒」、40番「鳴海」
「間の宿」。いまいちメジャーではありませんが、去年僕が「ひとり駅伝」と称し、日本橋から京都まで走ったなかで、とくに印象に残っているところです。

あの日は、地元・三島のラジオの電話レポート。初めて訪れたここがたいへん気に入り、時間的には芳しくなかったんですが、調整して生放送に臨んだのでした。

< 東海道五十三次ひとり駅伝・17 「三河から尾張へ。味噌に始まり、味噌で終わる」 >

有松の魅力は、当たり前のように残された古い家並みに加え、雅で豪華な3台の山車。「山車会館」に常時1台が展示されていますが、3台が一堂に揃うのは年にたった一日、10月の第一日曜・「秋の大祭」の時だけです。
去年、山車会館で見せていただいたビデオに感激し、なんとしてもこの目で見たい、と心待ちにしていたのです。

f0211837_1850138.jpg

名鉄・有松駅に降り立ったのは11時半。山車は旧街道を練っている時でした。

有松の山車は、すべて カラクり
うち2台は、字を書くカラクリです。

まずやって来たのは、「布袋車」

古い家並みと青空が背景。

胸が高鳴ります。

f0211837_1933064.jpg


                  いったん止まった山車の最上段、
                人形が台座とともに立ち上がります。
 
              下から墨ツボが伸びてきました。

            手に持った筆を、その墨ツボに浸し、
          そして・・・・

    墨痕あざやかな「東」の文字!
f0211837_19125311.jpg

写真では左に隠れている人形が、カラカラと舞台を廻し、
最前の人形は激しく采配(?)を振り、全身で歓びを表します。

ユーモラス、見方によっては不気味。
巧妙・絶妙な技に、ただただ唖然。


この日、写真の布袋車は「東」「寿」「宝」、もう1台の「唐子車」は「絞」「夢」を、見事あっぱれに書き上げました。


f0211837_1928374.jpg
もう一つの見どころは、方向転換です。


若い男衆が、年長者の指揮のもと気合一発!
山車を転換させるとヤンヤヤンヤの大歓声!

f0211837_19323050.jpg






f0211837_1935828.jpg







  若衆が腰に下げているのは
  縁起物の手ぬぐいです。



そして12時15分、有松3台の山車が揃いぶみ。
「布袋車」「唐子車」「神功皇后車」。 年にたった一度、豪華絢爛な眺めです。

f0211837_19425940.jpg


有松には、ぜひお会いしたい方がおりました。山車会館のガイド・加藤さん。
ほぼ1年前、何気なく入館した時の名解説。街への深い愛情が伝わる語り口に、ほとほと感心したのでした。

f0211837_20203283.jpg「あらー、ほんとに来てくれたんだ! ええ覚えてますよー」
たった一度伺っただけの観光客としては、嬉しさ満開!
「時間あるんでしょ?」
山車のよく見える喫茶店に誘っていただき、アイスコーヒーをごちそうになりました。

僕が三島の観光PR大使になったと言ったら、ことのほか喜んでくれ、
「あ、そうだ!」
わざわざ山車会館の館長さんや、街づくりの代表の方と引き合わせてくれました。f0211837_20193272.jpg



祭りは、昼と夜の2部制。夜は山車を提灯で飾り、また別の趣きだそうです。
ちょっと無理すればそちらも見学できたんですが・・・やめました。夜の方は来年にとっておくことにしました。それが、また来る理由になるし。

「街は人」---。あらためて気づかされた一日でした。


         みなさん有松へ、ぜひ一度!
         三島のPR大使が、有松のPRでございます!

* なお「山車会館」は、土日祝日のみの開館ですので、ご注意を。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-09 18:55 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)
f0211837_19303570.jpg三島市の福祉施設・「さわじ作業所」。
その地域交流まつりに今年も参加しました。

「さわじ」は、エミーさんが音楽療法のボランティアに長いこと通い、またテーマソングを一緒につくった所。
長く、深~い、お付き合いです。


本番前、かわいいウサギさんとポーズを決める女性陣。f0211837_19382737.jpg




                           「うす汚ねーオジサンは
                            お願いだから
                            遠慮してくださいね」

f0211837_19414288.jpg


豊岡三島市長(右から3番目)や社会福祉協議会会長と記念撮影。

豊岡市長は、市長に就任されるずっと以前から、欠かさずご参加くださっています。




さあ、オープニングです! 
まずは利用者さんと僕たちで、テーマソング 「あおげば空」 を。

f0211837_19483470.jpgこのあと、みんなで一生懸命習った手話をまじえ、力いっぱい歌ってくれました。

「あおげば空」の歌詞は、
♪ あおげば空 青くすんで
  ♪ あおげば空 高くすんで 


今日の天気は、まさにそんな感じ。
暑いのなんの!

帰って天気予報を見たら、
29.5度だって!!
10月6日なのに!

f0211837_2015716.jpg

美の競演?053.gif056.gif053.gif056.gif

三島版「美人過ぎる市議(ヨイショ!?)」・岡田みきこ先生と、エミーさん。

f0211837_2081164.jpg



写真はほんの一部ですが、さして広くない会場にビックリするくらいの模擬店が並びます。
去年は、MCでずうずうしく強要してチョコバナナをゲットしました。今年は、スティックパインを狙っていましたが・・・うっかり言うのを忘れました。それだけが心残り。
[PR]
by G-lariat | 2012-10-06 19:49 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat