<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新記録樹立!

ロンドン五輪が始まりました。僕は、知恵を駆使するゲーム系より、陸上・水泳など野生系の種目が好み。人類は、どこまで速く走れる(泳げる)のか――。
小学校の時に見たメキシコ五輪、ハインズの100メートル・9秒9。走り幅跳び・ビーモンの8m90。その衝撃は今でも覚えています。前回の北京、ウサイン・ボルトの世界新も鳥肌が立ちましたね。
今回のロンドン、どの種目で人類の壁を破る世界新記録が生まれるのでしょう・・もうワクワクです。f0211837_15271344.jpg

さてその「霧のロンドン」よりひと足はやく、我らが「楽団ラリアート」、天晴れな新記録を打ち立てました!
ライブ終了直後のCD販売、オールアウトの 
18枚!(三島3部作) 
人気歌手なら一ケタ・二ケタ違うでしょうけれど、弱小の我らは今までの最高が、10枚。大幅な記録更新で全員狂喜乱舞でございました。

もっとも今日は、ある団体の研修&食事会。       
あんまりウケないだろうと、CDを持って                     リハ-サル。音より御料理の
いかなかったのです (なんたる奥ゆかしさ!                 美味なにおいが気になって・・
・・自分で言うな)。f0211837_1535344.jpg
そしたら演奏終了直後に、「CDありますか?」 
の声声声。
幸い会場の老舗ホテルは、本拠地「音楽館
・プローベ」のご近所。エミーさん、衣装の
ドレスのまま、全力で疾走したのであります! 
そのスピードたるや、稲妻ボルトを超えていた・・・
と町内のウワサ。  

                                             ウェイターさんではありません。
                                             みしまプラザホテルのスタッフは
                                             はるかに上品です。
あらまー、キレー!  (ヨイショ、っと)  
出番前、控室にて。
f0211837_15444384.jpg


f0211837_15515887.jpg
普段着でも、キレー! 
(再び ヨイショっと)

演奏終了後。
いただいた花束を抱いて




f0211837_15572748.jpg



僕とハンセン君は、何を着てても同じですけど・・。 なおこのタキシードは、知り合いの貸衣装屋さんからタダ同然でせしめたもの。僕が (ハゲ)頭に巻いているのは、土木作業員様御用達のカラータオル(¥150)
[PR]
by G-lariat | 2012-07-31 15:18 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

4年に一度の熱き・・・

「おお水口! お前もか!!」
電話の向こうで、友人が感涙にむせんでいる (気がしました)。
日本屈指のギター職人。同い年、30年来の付き合いとはいえ、性癖は真逆なため、まさか同好の士とは。 僕の方も感極まります。7月27日、夜9時のことです。

・・・・クソ暑い熱帯夜、50ナカバのオジサン二人が、なに電話で熱くなってるかというとですね、翌朝始まるオリンピック、二人とも 開会式ファン のカミングアウト(?)です。

「選手の入場! 一人でメダルを何個も取る怪物も、初戦敗退の人も、この時は平等でさ。みんな目一杯堂々、誇らしげな顔でなあ・・」
――御意。
「アトラクションもな! エキストラはボランティアだろ? 誰もが一世一代って輝いた目でさ・・」
――御意。

4年に一度の大イベント前夜の興奮に、思わぬ同志の発見が加わり、1分で終わるはずの電話が1時間近くなってしまったのでした。

f0211837_13442130.jpg
さあ、当日です。もちろん、リアルタイムで見ました。

・・・・今年も泣きました。入場行進を見ていると、地球上に戦争があることが不思議に思えてきます。
演出もエンタメ度十分で、楽しめました。

事故もテロもなく、良かった良かった、安堵の心でラスト、P・マッカートニー。
あれえ???? 出だし、ズレてませんでした?



半日たったこの日の夜、僕たちはホテルでライブだったのですが、出番前の控室ではその話で持ちきりです。
いろいろ詳しいハンセン君の推測に感心しつつも、負けるのが口惜しい僕は言いがかりと難癖で対抗します。まあ失敗は間違いないところなので、「今頃、ヤケ酒か?」「いや天下のポールだぜ、気にしないさ」
 f0211837_1482566.jpg
口泡を飛ばしまくる二人に、冷静な顔のエミーさん
「ポールより、自分のことを心配したら?」
――御意。





         がんばれ、人類!
[PR]
by G-lariat | 2012-07-29 13:39 | 昭和的日々 | Comments(0)
静岡県立三島・長陵高校 (+福島県立富岡高校)の愛唱歌づくり、7月24日は第2回目の制作委員会でした。
前回同様、エミーさんと学校に伺いましたが、会場は前と違って体育館です。
副校長先生の、本当に短いご挨拶のあと、「では水口さん、お願いします」。
両校・生徒さんのほか、先生方・新聞2社・テレビ1社・・・・案の定、見事にかんでしまいました。

f0211837_2041074.jpg

       こちらが 長陵高校。

       2月に初めて会った時、
       まさかこんな展開になろうとは・・・・






f0211837_2042711.jpg

こちらが 富岡高校 (JFAアカデミー福島)

サッカーのスペシャリストたち。
三島に来ることになったのも、
「まさか」でしょうけど、
さらに歌づくりに関わろうとは・・・

< 女子サッカー・「次期なでしこ」を見てきました。 >

前回は、主に「テーマ」と「歌詞」について、みんなで検討しました。
帰りには、たくさんの歌の基になる「言葉」もいただきました (もの凄い数です。全部読むのに1日!)

f0211837_20453635.jpg
今日は、初披露 (11月の文化祭) の時、いっしょに演奏する合唱チームとブラスバンドに、日頃の練習の成果を見せてもらうのが目的です。
 
まずは合唱から。
この皆さんとの何気ない会話から、「歌づくり」の話がスタートしたんだなあ・・。


f0211837_20552772.jpg

つづいて、ブラバンのピックアップメンバー。

知らないオジサン多数に、テレビカメラまで。
そりゃ緊張するよね。
でもきちんと演奏できました。






f0211837_2114344.jpg休み時間を利用してなので、時間が限られます。
最後は、三島市最大のイベント・夏祭りで行なわれる 「三島サンバ」にトライ。
お手本は、地元・長陵の〇〇君。富岡の生徒さんは、もちろん初めてです。
でも〇〇君の的確な指導と、スポーツエリートの運動神経で、あっという間にマスター。ほんと驚くほどピッタリ! 
僕はあまりの嬉しさで、逆にうまく写真が撮れませんでした。
8月のお祭り本番が楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・

長陵高校と、富岡高校・・。背景はあまりにも違います。あの大震災、原発事故での立ち入り禁止がなければ、おそらく出会うことはなかったでしょう。
でも今日、ほんの短い時間ですが一緒に「三島サンバ」を踊る姿を見て、思いました。若者のナチュラル・エネルギーは、オジサンたちの心配事など軽~くクリアして、垣根を越えていくんだろうなあ、って・・・・・。

歌のコンセプトが決まりました。
長陵高校の生徒さんが書いてくれた詩の一節です。

「見てきた桜は、違うけど」

[PR]
by G-lariat | 2012-07-26 20:31 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
7月17日、地元ラジオに、エミーさんとスタッフの佐々木Rクンが出演しました。「三島3部作」のこと。
エミーさんは、CDの完成までご協力いただいた方々の話をしていました。ラジオのこっち側で聞いていた僕は、「でもエミーさん、もう一人、名前をあげたかっただろうなあ」、と。

f0211837_182727100.jpg
〇〇さん。このCDになくてはならない、というより、極端にいえばこのCDは、エミーさんと〇〇さんでつくったようなものです。
テレビ・ラジオ・新聞・広報・・・様々なところから取材を受けました。けれど〇〇さんの名前はいっさい出しませんでした。歌詞カードにも。僕のこのブログでさえ、書かない約束でした。
でもこのあいだ、メンバー皆で話しました。名前は出さないまでも、〇〇さんという大きな陰の支えがあったことを、しるしておくべきではないか。ラリアートの活動報告であるこのブログには、せめて書いておくべきではないか・・。

迷ったり難問に直面した時、相談すると、返ってくる答は決まって、「君たちに任せたプロジェクトだから、君たちがやりたいようにやりなさい」。 方法にも表現にも、いっさい口をはさもうとしませんでした。
そして必ず付け加えたのが、「何かあった時は、僕が責任とるから」
(一般論として) リスクをおわない位置から、あれやこれや口出しばかりする人もいるのに、何も言わずただ 「責任は僕が」 という力強いお言葉。実のところ僕とハンセン君は、〇〇さんにお会いしたのは数回で、もっぱらコンタクトはエミーさんだったのですが、エミーさんから伝わる〇〇さんの太っ腹ぶりは、本当に有難く、大きな支えでした。(いつも僕らは、〇〇大明神と呼んでいました)

僕たちバンドさんは、オモテへ出るのが役目です。でもいつか誰かのバックアップに回る時は、陰に徹し切る〇〇さんを見習いたいものだ、とメンバー一同。

「市民がつくった三島の歌」のCDをお聴きくださり、かつこのブログをお読みの数少ない皆様。あのCDには、そんな陰の力があったことを思っていただければ幸いです。
f0211837_1919175.jpg
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇〇様。あらためて有難うございました。おかげで僕たちメンバーもスタッフも、みんな最後までモチベーションを落とすことなく、笑顔で進むことができました。深く深く感謝いたします。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-23 18:13 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
7月16日、女子サッカー観戦 に行ってきました。
いえいえ、けして不純な動機、ではありません。いたってマジメ。
チャレンジリーグJFAアカデミー福島 vs 静岡産業大学
僕は静岡県人なのに、なぜか福島の応援席に。
f0211837_20261198.jpg


JFAアカデミー(通称・デミ)をご存知でしょうか?
カンタンにいうと、次世代のサッカー日本代表(男女)を養成するための教育機関。全国から集められた極めて有望な中高生を、全寮制の一貫教育で、真のエリートに育て上げる、というもの。
拠点は、福島県のJビレッジでした。ところがあの原発事故・・。とどまることは許されず、で移転してきた場所が、ご近所の御殿場市なのです。
サッカーの英才教育、といっても立場は高校生(中学生)。一般の学習もしなくてはなりません。福島では「富岡高校」、そして現在、彼・彼女らが通っているのが、なんの運命のイタズラか、このたび僕たちが愛唱歌づくりを頼まれた、静岡県立・三島長陵高校なのです!     < 今度は、高校の歌づくりです >

f0211837_20495158.jpgもっとも、籍は今も「富岡高校」のまま。遠征も多いことだし、歌づくりには無縁と思っていました。ところが、どういう配慮か、彼彼女らも参加することになったのです! 
先日の第1回目の実行委員会にも男女6名が参加。で、その時、「応援に行くよ」と約束したのでした。


制服姿だと、普通のカワイイ女子高生たちが、ユニフォームになると別人です。
実行委員会で、僕の質問にニコニコ笑って答えてた 増矢選手は、最前線の点取り屋。
ボールを追い、ゴールを目指し、90分驚くべきスピードとスタミナで、ピッチを走り回っていました。
f0211837_210840.jpg

           僕はサッカーのこと、あまりよく知らないのですが・・・
           ゲームをコントロールしてたのが、この成宮選手。

           あとでサポーターに聞いたら、リーダー格なんだと。
           沢2世?

           実行委員会には参加できませんでしたが、
           僕に嬉しいメッセージをくれました。

f0211837_2175817.jpg

静岡産業大学の選手たちも、輝いていました。

良い意味で、「女子大生」とは思えない・・・
まさしく アスリート でした。


結果は、1対1の 引き分け

f0211837_21104515.jpg
白熱した好ゲームだったし、何より全力で戦った姿に、僕は感動、大大大拍手だったのですが・・・
監督さんは不満だったみたい。試合後、かなりキツイ口調で叱責していました。
攻撃陣は、居残り練習。整理体操が終わったというのに、再びスパイクのヒモを結んだのです・・・。

僕と同じヘアー(?003.gif)スタイルの方が、監督さん。とても有名なんだそうです。


f0211837_21212990.jpg福島から来たサポーターさん。
90分間、太鼓を叩きっぱなし、名前を呼びっぱなし。そのエネルギーに、あ然。

歌づくりのことは、高校の先生から伝わっていて
「期待しています!」

まじ、プレッシャー!
[PR]
by G-lariat | 2012-07-20 20:39 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
「三島フードフェスタ」のライブを終え、大急ぎで沼津へ。中学校の同窓会です。
「50過ぎての同窓会は楽しい」 これは、あるフォーク歌手の言葉ですが、つくづくそう思いました。

f0211837_19331020.jpg「中学校」といっても、僕らのイナカでは小学校は100%、幼稚園もかなり一緒で、早い話みんな 「幼なじみ」。ご幼少の頃からの昔話で、全開です。

30代・40代の頃は、やっぱ他人のことが気になりました。「オレはオレ」 と強がっても、ひがみっぽい僕は、友人の成功や出世を妬んだり、うらやんだり・・・。(「住所不定・無職」の時の同窓会には、さすがに欠席でした。)
でも50才を過ぎてしまうと、もうそういったことは、ぜ~んぶクリア!
優等生も、運動会のスターも、僕みたいな 「その他大勢組」 も、とにかく生き残ってくれてありがとう! ただただ、元気で!f0211837_19464293.jpg

かつて僕を奪い合った美女二人・・・なワケないな。

右、I 様。合唱コンクールで、彼女がピアノ、指揮者はなぜか僕。
1等か2等か、入賞して大喜びした記憶が・・・。

左、母親同士も友人だった、S 様。やはりピアノの名手で、大学時代同じバンドでプレイしたことも・・。


f0211837_2054470.jpg

野球部のエースだった R 君。
女子の憧れだったスーパースターも、今はただの酔っ払い・・?


同じ時代を生き、各々の分野でもがき、とにもかくにも生き残った友人に・・・・
心を込めて Good Luck !

そして、空へ昇った友人に・・・黙想。


・・・・・・・・・・・・・・・ この日、ゲットした名言 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
司会の N 様。
「あの頃、はるかに年上だと思っていた先生方が、今は同世代みたいに感じられます」

同じく司会の H 君。
「気になるのは、健康と年金です」

肉が苦手の K 君。美味しそうな肉料理を見て
「オレは絶対、肉は食わん。いま食べて、もし美味かったら、オレの50年は何だったのか・・・」

「前から軽やかに走ってくる人がいたのよ。あんな風に走れたらいいなあ、と思って見たら、なんだ水口じゃん。嫌になっちゃった」
ジョギング中にバッタリ会った S 様の、キビシイお言葉です。

「皆様、お開きまであと10分です! 思い残したことはありませんか? 次に会えるのは4年後です。記念撮影・アドレス交換・今更の告白・・・どうぞ悔いのない10分をお過ごしください!」
2次会司会の僕。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-18 19:42 | 昭和的日々 | Comments(11)
7月15日、僕には熱~く、長~い一日でした。
「三島フードフェスティバル」。 集合した時エミーさんから、僕たち 「ラリアート」 にとって、ものすご~く嬉しいニュースが! (それについては後日あらためてご報告します) 全員いやでも力がみなぎってきます。

f0211837_8245144.jpg会場は、三島市で一番有名な市民公園・「楽寿園」。僕たちにはお馴染みの場所ですが、唯一のネックはステージまで遠いこと。雨上がりの湿気むんむんで、楽器を担いだ体から汗が噴き出します。でも遠いぶん、何人もの知人と遭遇し、これまた力がみなぎってきます。

にしても、すごい人出です。いつもは有料の楽寿園が無料のせいもあるのかな、翌日の発表で、なんと35,000人!
三島人は、グルメなのか・・・それともタダに弱いのか・・・?

f0211837_8293237.jpg
楽屋は森です・・・。


                     ギターに貼り付けたカンニングペーパー。
                     しかし文字が小さくて見えず!
                     確実に進む 「老化」 を感じた瞬間。

f0211837_8323877.jpg
ハンセン君のご家族も応援に来てくれました。
写ってませんが、奥様も。

その奥様に、ブログにアップしていいか尋ねたところ、
「OK。名古屋の息子に、元気って知らせたい」だって。

「石井〇〇クン、お爺ちゃんとお母さんと妹は元気です。親父は今日も遊んでいます」

f0211837_8381081.jpg



               これが話題(?)の郷土料理・「三島おざく」
マジに凄い人気で、僕たちが会場入りした時は、すでに売り切れ。
しかし有難きは、「追っかけ」の皆様。3人前、ゲットしておいてくれました。

根菜中心の汁物。味は・・・ハンセン君が僕の分まで持って帰ってしまい、僕は食べてません!


f0211837_8475592.jpg
今回も、ステージのトリをとらせていただきます。

ズラリ並んだ、「追っかけ部隊」。
僕たちの (正確にはエミーさんの) 追っかけさんの特徴は、年齢が微妙なとこと、あとなぜか客席に向って並ぶこと。
「要するに、自分たちが歌いたいんじゃねーか!」



f0211837_8544375.jpg

                「市民がつくった三島の歌・3部作」などで、
                今日は短く30分。
                
                3才くらいの女の子から、可愛い花束を
                もらって喜ぶエミーさん。
                CDも売れて、さらに喜ぶエミーさん。



ライブがうまくいった時は、余韻にひたりたいもの。
でもいつもの 「ひとり打ち上げ」 をしてる時間はありません。すぐ沼津に向わねば!
エッ? いつからそんな売れっ子に?

いえいえ、これから中学の同窓会。僕は幹事なもんで・・・。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-16 08:26 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
あした7月15日、三島駅下車徒歩1分の 楽寿園 をメイン会場に  「三島フードフェスティバル」 が開催されます。
ちょうど1年前の「ふじのくに食育フェア」という大イベントが好評で、それを受けてのものです (たぶん)。

f0211837_16405549.jpg

「みしまコロッケ」「箱根西麓野菜」をはじめ、三島グルメが大集合。
今まで、あまりオモテに出なかった郷土料理 「おざく」も登場! 「三島おざく」のネーミングには、僕らの「市民でつくる三島の歌・言葉の選考委員会」も一役買ったのでは?・・という内輪話はともかく、三島のおいしいものがいっぱい。いつもは有料の楽寿園がこの日はタダとのことだし、出かけてみる価値は十分だと思います。

ステージも盛りだくさん。
当然(?)我ら 「ザ☆楽団ラリアート」 も 「三島3部作」 を引っさげて出演です。
出番は、ラストの午後2時半~3時
ぜひぜひお立ち寄りください。




f0211837_16553718.jpg


あの「食育フェスタ」からもう1年かあ・・。
とてもとても、思い出深いイベントでした。大きな楽寿園のステージを 2日間、音響から何から、すべて僕たちが仕切らせてもらいました。
ヘトヘトになったけど、無事に終われた時は、ほんと嬉しかったなあ!

                      その時の写真です。
f0211837_17174523.jpg

                       お掃除も、自分たちで。
                       前夜が雨。ステージにたまった水を
                       かき出すところから始めました。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-14 16:55 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
おかげ様で先日CDにした 「三島3部作」 が好評です。この調子で、さらなる宣伝普及に努めよう、スキあらば歌おう、と「電池で動くアンプ」なんぞを購入してしまいました。

f0211837_2013952.jpgとはいえ、こと音楽については、断ることを知らない我ら。
今度は、なんと 高校の愛唱歌 をつくることになったのであります!

先生方との打ち合わせの後、先日ついに実行委員の生徒さんたちに会いに行ってきました。

プロフィールに、「子供からお年寄りまで」 と掲げている我ら。しかし実のところ、高校生・大学生とはあまり接点がありませんでした。ただでさえアガリ症の僕は、だからもう緊張の極致。吐き気をもよおす始末です。仕方ないので、行く予定のなかったエミーさんを拝み倒し、PTAよろしく付き添ってもらったのであります。

f0211837_207417.jpg

静岡県立三島 長陵高校
5年目の、とてもキレイな校舎です。駅のすぐ近く。




             黒板を背に、スックと立つ僕。
             (しかし、足は震えておりました)



f0211837_20122341.jpg
「三島3部作」はテレビ静岡でしたが、
今度は 静岡だいいちテレビ が追いかけてくれることになりました。

左が、ディレクターのNさん。実は10年来の友人です。
僕よりはるかにギターがうまいので、困ってしまいます。



「長陵高校」 は、話題満載の学校。
そのあたりは、後日あらためまして。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-11 20:01 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
ロンドンオリンピックまで、あとわずか。もう楽しみで楽しみで。 058.gif
とにかく僕はオリンピックが大好き。なかでも 開会式!
この日のために4年間生きてる、って言いたくなるほど。(陸上の世界選手権やサッカーW杯も楽しみですが、個人的にイマイチなのは、開会式がないからです)。

この時代になってもまだ知らない国があって、そこが 選手一人・役員一人 で入場、なんてシーンを目にすると、「よー来た、よー来た!」なんて、孫の帰省を待ちわびたジイサンの心境になってしまいます。

f0211837_15525965.jpgシドニーの時の南北朝鮮の合同行進・・・あれも泣けましたねえ。
その時は、ある放送作家と見ていたのですが、言われたのが、
「水口ほど、演出家の術中にはまるヤツは珍しい。泣かせようと図ったところで、必ず泣く男」。

しかし、今回はいつもと違う楽しみがあります。
僕は静岡県三島市のPR大使をやらせてもらっているし、お隣の沼津市のご当地ソングなんかもつくっているのですけれど、現住所を正確にいうと、その両市に挟まれた 清水町 です。
今回のオリンピックに、なんとその清水町から選手が出場するのです!

陸上長距離 佐藤悠基 選手。



町役場の垂れ幕。「コンビニ」より大きく書け!


高校は陸上留学で、長野・佐久長聖に進みましたが、、まぎれもなく地元出身。通っていた中学校は、僕のアパートからわずか2㎞の距離ですから、もう近所も近所。f0211837_16141411.jpg
ウワサでは、たまに帰省した時にもジョギングを欠かさないもよう。ひょっとしてスレ違ったかも・・。
まあオリンピックでのメダル獲得は現実的ではありませんけど、とにかく無事に走って元気で帰ってきてほしい・・と今度は親戚のオジサンになった心境で応援しております。

                                近くの小学校にも
f0211837_16194236.jpg


町民体育館の玄関にもf0211837_16202269.jpg






               ここが佐藤選手が通っていた中学校。
               このグラウンドで走ってたんですねえ。


佐藤選手以外に注目してるのは、女子レスリング・吉田選手。僕も昔、レスリングをやってましたけど、あの高速タックルは規格外!
あと陸上短距離の福島選手に、女子高校生の土井杏南ちゃん。
もちろん体操の田中理恵選手は、純粋な気持ちで(!)応援します。
・・・・女子ばっか。
[PR]
by G-lariat | 2012-07-08 15:42 | 昭和的日々 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat