<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


f0211837_20494081.jpg
新進ハンドベルチーム「アクアベルズ」のファーストライブ(9/25・三島「音楽館プローベ」)。
終始なごやかな雰囲気に包まれ、とてもステキなコンサートになりました。

まあ初ライブ、とはいっても、福祉施設等での演奏会は数多く経験しているので、
ガチガチになることもなく、ドキドキの中にもニコニコがあり、とってもワクワクなステージでした。

僕たちとのコラボ、「グッドナイト・アイリーン」も、おじさん大満足の出来。
踊りながら、ノリノリのベルを披露してくれました。
(なかでも重量級男子のステップは、ダンスというより相撲のシコみたいで、すごおくオチャメでした。)


f0211837_191188.jpg

ライブが終わって、くつろぎのひと時・・・ではありません!
本番前にこの余裕。お宅の茶の間じゃないんだから・・。
コラコラ。



f0211837_19133326.jpg



           リハーサル、男子「まずいナ・・」の表情。オイオイ。
           となりで女子が ケラケラ。




    エミーさんの指揮で、さあ本番!
f0211837_2081724.jpg



        「体験コーナー」も、好評でした。
        恥ずかしがって尻込みするかな・・と思っていたのですが、心配ご無用。皆さん、ドンドン。
f0211837_20103084.jpg


f0211837_20112551.jpg


いつものジーパン姿も可愛いけれど、
黒い衣装も素敵です。おじさん、ムラムラ(?)






☆ 次回「フェス・ド・プローベ・4」は、10/17(日)。
  プローベ音楽教室の生徒さんの、チャレンジ・ライブです。
  お近くの皆さま、散歩の途中にぜひ。
  遠くの皆さま、三島大社観光のついでに、ぜひ。
  なお、ワタクシ水口は受付の大役をおおせつかっております。
[PR]
by G-lariat | 2010-09-28 19:30 | Comments(4)
f0211837_19135070.jpg「みしまさくら」のCDづくり、本日はギターの録音です。ボブ棚井と、
ボク水口の出番・・・もうそれだけで風雲急を告げる予感・・・。

今夏の記録的猛暑がウソみたいに、今日は気温が一気に10°も急下降。いきなり秋です。おまけに低気圧の通過か、嵐のような破天。嵐を呼ぶのは、昔は石原裕次郎、今は館ひろしですけれど、水口・棚井・石井、いずれも平にして凡な顔立ち。似ても似つきません。
じゃ誰だ、嵐を呼んだのは?・・ってとこで思い出しました。たしか「さくら」の施設長さんは、むか~し「雨男」と呼ばれていたような・・(違ってたらゴメンナサイ)。今日の録音に彼が立ち会うわけではありませんが、なんとなく“犯人”が分かった気がして、ホッとしましたね。


f0211837_19204555.jpg



まずはアップテンポの「サク咲くさくら」
棚井さんの18番「ボトルネック」奏法です。これは、切り取ったガラスビンの首(ボトルネック)を指にはめ、スライドさせて弾くやり方。ハワイアンのスチールギターに似てますが、音はそれよりワイルドで、やや遅れ気味に出てくるのが特徴です。キッチリ真面目に弾くと面白くないので、性格が〇〇〇〇な棚井さんにはピッタリかもしれません。


次は、ゆる~い多国籍サウンドの「ゆいまーる」
棚井さんは普通のレギュラーチューニング、僕は変則チューニングでトライ。人間としては、僕は極めて常識人、棚井さんは〇〇〇〇なのですが・・・。
変則チューニングは狙い通り。大当たりでした!



f0211837_1922401.jpg

       録音を終えて、男3人、アンパン(棚井さん提供)でカンパイです。



マーチンD35“NASHVILLE”       マーチン0001“KANNAMI”
f0211837_19245636.jpg

[PR]
by G-lariat | 2010-09-23 19:29 | Comments(2)
f0211837_14181485.jpg 「みしまさくら」のテーマソングCDづくり、
今日は「さくら」に通う利用者さんと職員さんの、パートの録音です。



f0211837_14204024.jpg

「さくら」といえばコスプレ
今日も朝から気合十分。
今日は音を録るだけなのですが・・・。
でも気持ちが大事! 衣装を着けた方がノレルよね!!






f0211837_14212199.jpg


午前はアップテンポの「サク咲くさくら」
利用者さんの、コーラスと手拍子の録音です。

             落ち武者、魔女、お殿様にお坊さん。・・・ここは何処?


はじめから皆さん、全開モード。
男の子はエミーさんに、「シャル・ウィ・ダンス?」

f0211837_14221551.jpg



f0211837_1437292.jpg








午後は、しっとり「ゆいまーる」。職員さんのハンドベルの録音です。
練習の成果か、それとも何かの間違いか、1回目のテイクですでにOKだったのですが、録音責任者・ハンセン石井が欲を出し、いいねいいね、で計12回!
職員さんもガンバリました。
f0211837_14445894.jpg



大成功!みんなでイェイ!
f0211837_153377.jpg

左から、アフロ石井、レゲーくん竹内、水口大仏・・・・合掌


f0211837_14541259.jpg



落ち武者に斬られる作曲者。曲は良いけど、顔が悪い!?
[PR]
by G-lariat | 2010-09-19 08:45 | Comments(0)

アクアベルズ

f0211837_2112291.jpg イングリッシュ・ハンドベルは、クリスマスの季節にはよく目にするものの、実際には馴染みのうすい楽器です。
でも僕たちの場合、エミーさんがその道のエキスパートのこともあり、知り合いになったチームもいくつかあります。若手のホープ・アクアベルズも、その一つ。

平成18年、市民講座での出会いがきっかけで結成。チーム名は「水の街・三島」にちなんだそうです。
平均年齢は?の質問に、リーダー(緑のTシャツ氏)が「サンジュウ・・」と言いかけた瞬間、回りから「28!」「26!」。なかには「19!」なんてズーズーしいのもありました。長~い話し合いの末、「平均年齢29」ってことで折り合ったのですけれど、これって「折り合う」ような類いのものでありましょうか・・・。

f0211837_2125265.jpg


定期的にきちんと練習を行ない、エミー竹内監修のもと、福祉施設等で慰問活動を続けてきましたが、ついにというか、ようやくというか、9/25(土) ファーストライブ
を開催することになりました(フェス・ド・プローべ 3)。
僕たち「ザ☆楽団ラリアート」がゲスト。今日は、その最初で最後の打ち合せだったのです。


                                 婚活の人はー!? の問いに全員挙手。
                                 でもたしか、ご夫婦が1組いたはずですが・・・
f0211837_2151070.jpg

レパートリーは、ベルの美しさを活かした「ジュピター」や「オーバー・ザ・レインボー」等に加え、「サザエさんのテーマ」なんてのも。おいおい、ハンドベルでサザエさんかよ、とツッコミを入れたくなるところですが、さてどうなりますことやら当日のお楽しみ。こうご期待であります。

「ラリアート」さんとのコラボは、アメリカの古い歌「グッド・ナイト・アイリーン」。とても美しいメロディなのですが、なんとこの歌、アメリカの刑務所の中で生まれたんだそうです。
ん・・・刑務所?・・・監獄。・・・獄・・・・獄門党! ブル中野!!
いかんいかん、音楽に集中せねば。(仕事きっちり、こそブル様の教え)

f0211837_21202535.jpg

ダンプ

彼がダンプの運ちゃん、てわけではありません。
男ダンプ松本、でもありません。
「ダンプ」というのは、ベルの音を止めること、だそうです。
ぶ厚い胸で、しっかりダンプ!







*  9/25(土) 夜7時~ 音楽館プローベ(三島本町交差点・箱根方面2軒目)
[PR]
by G-lariat | 2010-09-13 20:56 | Comments(4)
9月4日、おなじみ清田予紀さんと、予定通り「中野のぶるちゃん」を再訪いたしました。
心理カウンセラーの肩書きを合せ持つ清田さんは、道すがら、「こないだは恵まれ過ぎ。あそこまで期待しちゃダメだよ(・・・ぜひ8/14の項をご覧ください)」。ハナから心のケアを始めます。
もちろん僕も同じ気持ち。いや、もう行かない方がいいのかも、前回の感動を胸に、静かに余生を送った方がいいんじゃないか・・・ま、足は止まりませんでしたけどね。

f0211837_20543865.jpg6時3分前、到着。きっちり3分時間をつぶし、ドアに手をかけます。
わが心の女神・ブル様は、覚えていてくださるだろうか。
・・・覚えているわけないナ。
でも、ひょっとして覚えていてくれたら・・と、僕は前回とまったく同じ服。50過ぎたオジサンの、この純情!

「いらっしゃいませー!」
その瞬間、ブル様が僕たちを覚えていてくださったことを確信! そして信じられない一言、
「ブログ、見ましたヨ」
!!!!!!!!!!!
僕のこのブログと、そしてリンクしている清田さんのブログを見てくださったというのです。
これは、夢です。まさに夢です。その時の僕の心境をありのままに言うと、「オシッコ、ちびりそう・・・」。少し、ちびったかもしれません。

f0211837_2058307.jpg
美しい・・・。僕は不思議でなりません。目の前の、この微笑をたやさない穏やかな女性が、あのアジャ・コングと流血の死闘を繰りひろげ、あの神取忍を完全KO病院送りにした、最強の女帝と同一人物とは・・・。

今日は前回と違って、お店はすぐに満員になりました。
ブル様は、誰彼区別なく、平等に接してくださいます。オジサンの2人組も、一人で東京出張のオニイチャンも、カップルも、若い女性2人組も。プロレスファンも、そうでない方も、みんな平等。
もちろんプロレスファンの質問には、ていねいに、愉快なエピソードをまじえて話してくださいます。でも、ご自分の栄光を自慢げにひけらかすって感じはまったくありません。あくまでファンのため。お客様のため。・・・奉仕の御心・・・。
僕の胸に、聖母の文字が浮かびました。


                                  先日ゲットした「金網の青春」を持っていただきパチリ。
                                  左は、本日のお料理担当、元・コンドル斉藤さん。
                         f0211837_2111529.jpg
満足度300%。前回より少し長居させてもらって、お店をあとに。
清田さんとは、毎月1回「ぶるちゃん」を訪れることを約束し、固い握手を交わして駅で別れました。
前回は感激で清田さんと夜中まで盛り上がり、そのまま泊めていただいたのですが、今回僕は強い意志をもって帰ることにしました。明朝、町内のドブ掃除に参加するのです。
ビールのCMで、「1週間がんばって働いたから、自分にご褒美。金曜日はプレミアムモルツ」ってのがありますね。僕は「1週間」を「1ヶ月」に、「プレモル」を「ブル様」に置き換えます。
1ヶ月まじめに働きます。社会人としての義務もはたします。他人にやさしく、自分に厳しく。横断歩道は手をあげて。
そしてそのご褒美に、ブル様から、クリーミーに泡立つ
聖杯をいただく。ついに僕は目覚めたのです。改心
したのです。                             フラッシュたいて、もう一枚
f0211837_2121165.jpg

東京駅21時43分。「駆け込み乗車はお止めください!」と怒られながら新幹線。過ぎ去る都会の夜景を眺めながら思いました。
幸せすぎる・・・。オレが、こんなに幸せでいいのか。
良いことなどしていない。時々、良い人ぶるけど、モットーは「一日一偽善」。
間違っている。いつかきっと、バチが当たるだろう。シッペ返しをくうだろう。
でも神サマ。できればバチは清田さんに当たりますように。シッペ返しも、どうぞ清田さんの方へ・・・。




f0211837_2142984.jpg
後ろ、「なすにギロチンドロップ」。
「ナスの」ではなく「ナスに」です。豚肉ドスンで、ワンツースリー。暑い夏のビールにベストマッチです!


前は、正式名は忘れましたが、「ゴボウのから揚げ(てんぷら?)」。これ、お世辞ヌキで絶品!! 僕が今まで食べた全てのゴボウ料理の中で、ナンバーワンです。




f0211837_21401832.jpg

「とん平焼き」。名前の由来は聞きもらしました。シャキシャキキャベツに、ふんわりタマゴ焼き。さすが現在イラストレーターとして活躍中のコンドル先生、マヨネとケチャップがアート!







清田さん江。「どうしてサイン、もらわなかったの?」と聞かれた時、「ペンを忘れた」って答えましたが、ウソでした。本当は、ペンをJR中野駅のトイレにポチャリ。落としてしまったのですよ! 真実。
[PR]
by G-lariat | 2010-09-07 20:45 | Comments(12)
三島市民合唱祭に行ってきました。
当バンドのエミーさんが指導する「うた倶楽部ヴォーチェ」を客席から応援するためです。
f0211837_20281782.jpg

「ヴォーチェ」のメンバーは、もともとは市民講座「いきいきカレッジ」の「歌おう、あんな歌こんな歌教室」を卒業された方々です。「いきいき」のネックは、期間が1年限定ってとこ。もっと続けたい、もっと歌を楽しみたい、そう熱望された方々が自らサークルを立ち上げたのです。
平均年齢70超!専門的な音楽教育を受けた方は一人もいらっしゃいません。歌が好き、その一点で集まった普通のオジイチャン・オバアチャンです。そんな52名が、地元の有力合唱団や高校のコーラス部にまじり、緊張のなかにも堂々、ハツラツとした歌いっぷり。歌うことが、日々の生活の糧になり、生きることへの活力となっている・・・・客席の僕の胸にも、そんな想いがヒシヒシと伝わり、柄にもなくウルウルしてしまいました。

f0211837_20492577.jpg

本日披露した2曲のうちの一つ「歌おうこの街、わが故郷」は、メンバーの方が詞をつくり、僕が曲をつけたもの。最近はNTT病院の健康体操曲に使われたり、「景観学会」というシンポジウムで三島や沼津の市長さんが歌ってくれたり、僕の手を離れて破格の出世を果たしています。



プログラムには、楽曲の作詞作曲者名も。
シューマンやフォスターなんかと同じ級数で「水口真」の文字も印刷されていました。ははははは。
[PR]
by G-lariat | 2010-09-05 21:15 | Comments(0)
「IT原始人」「石器時代の人」とバカにされ続けた僕も、少~しずつパソコンに慣れてきました。
ついに先日、生まれて初めて、ネットショッピングをしたのであります! 何を今さら、と言われるかもしれませんが、
夕日かがやく三丁目からタイムトラベルしてきた僕には、画期的進歩なのです。
どうしても手に入れたい絶版本がありまして。
それが、これ!
f0211837_19584235.jpg






可愛いな、ケイコちゃん。









崇拝する女神ブル中野様が、現役時代に書かれた自伝「金網の青春」です(1991)。
オマエ、崇拝してるといいながら本も持ってなかったのか、と突っ込まれると、もうブル様には会わせる顔もございません。実は発売当時、書店であらかた立ち読みしてしまったのでして・・・ホント、会わせる顔もございません。
会わせる顔はないのですが、今度の土曜日9月4日、ふたたび「中野のぶるちゃん」にうかがう予定なのであります。
[PR]
by G-lariat | 2010-09-02 20:27 | Comments(2)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat