<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

復活の日

エミー竹内が戻ってまいりました。
病の床から戻ってまいりました。

チームの大黒柱・エミーさんが病に苦しんでいるというのに、メンバーは御見舞いの電話1本かけず。リーダーに至っては、ブル様にノボセあがって昇天状態。・・・困ったオジサンたちであります。

新しいCDのボーカル録音初日。
「絶不調~」とこぼしながらも、録音が進むにつれて徐々に熱を帯び、オーラを発してくるところは、さすがです。
少々カスレ気味の声も、「今回の歌には、むしろ合ってる!」と、回りの男組は隠れてガッツポーズでありました。

今日は、新聞の取材あり。
有難いことに、去年からちょこちょこ取材を受ける機会があるのですが、いまだに信じられない気分。イタズラじゃないか・・・って。実際に新聞に掲載されるまで疑いの眼を解かないのは、「謙虚」というよりは、「中年男の屈折」です。
本日は、当地に赴任したばかりの若い記者さん。オジサンたちの毒気にあてられ、ビビリ気味のご様子でした。
・・・・メンバーのことは、どーでもいい。オレのことを中心に書くのだよ。
f0211837_2183469.jpg

[PR]
by G-lariat | 2010-04-30 21:08 | Comments(0)

ボブ

ボブ・ディランは風に吹かれ、
ボブ・マーリィは天に昇った。
ボブ・サップは輝きを失くし、
スポンジ・ボブは人気のアニメ。

さて当バンドのギター担当、ボブ・棚井さんであります。彼はエア・ギターの名手なのですが、
今日は新作CDの録音日。さすがにその類いまれなるテクニックを披露することはできず、
神妙な面持ちでプラグをつないだのでした。
真剣なボブf0211837_20232835.jpg。陰険な僕。実に3時間におよぶ、苦闘・熱闘でありました。
録音終了後、男3人仲良くメロンパンを食べました。
[PR]
by G-lariat | 2010-04-25 20:23 | Comments(0)
気持ちよく焼酎を呑んでいたのです。良い気分だったのです。

何気なくつけたテレビ「魔女たちの22時」。
"世間の嫌われ者が50キロダイエットして”・・・誰が出るのかと思えば
びっくりもびっくり。我がブル様ではないか!

そこまでは良い。十分に良い。
ところがところが、番組の終わり、15歳年下の男との
結婚の発表とは!
一気に酔いが回ってしまった。悪~い酔いが。
いつの日か、運命の出会いがあると信じていf0211837_20233566.jpgf0211837_2024948.jpgたのに・・・。
これはもう明日、誰かに八つ当たりするしかないな・・・。とりあえず
ハンセン石井に無理難題を押し付けるか。

ところで、日本テレビに強く言いたい。
番組では、50キロダイエットして美人になった、と繰り返していたが、
中野恵子さんはね、
100キロあった頃からずっと、キレイだったのだよ!
タレ目が可愛かった、のだよ!
[PR]
by G-lariat | 2010-04-20 23:17 | Comments(14)

プッツン!

かすみがうらマラソン、まさかの大失速!ワースト記録大幅更新
4時間21分31秒(実測)。

練習そこそこ。
体調まずまず。
天候ヨシヨシ。
・・・何が悪かったのでありましょうか・・・。
顔か?性格か?

何歳まで3時間台をキープできるかがテーマでしたが、その目標は
あっさり崩れ去りました。
ここは素直にハードルを下げようと思います。僕は、他人に甘いけれど、
自分にはもっと甘い人間であります。

f0211837_2074717.jpg
f0211837_2085363.jpg

           わが駄足、「ゴメン」のポーズ?(このあと足がツリました。バカ!)
[PR]
by G-lariat | 2010-04-18 20:09 | Comments(0)

明日はマラソン

毎年1回、フルマラソンを走っています。
今年は、茨城の「かすみがうら」。

もう25年も前の話です。一世一代の決意をしてホノルル・マラソンに挑戦しました(その頃はまだ日本人が少なく、本当に“海外”って感じでした)。1回だけ、のはずが、耐久レースの面白さにハマり、その後、より刺激を求めてトライアスロンに。トライアスロンも当時は牧歌的で、スポーツというよりは"もの好きのガマン大会”って雰囲気でしたね。でも急激な商業化・スポーツ化に落ちこぼれ、それじゃあってんでウルトラマラソンへ。サロマ湖100kmは完走したものの、なぜかあまり夢中になれず。
それからは、もっぱら自転車旅行と山登り・・・これは今も細々と続けています。

ジョギングは続けていたのですが、あらためてマラソンレースに出るようになったのは、
10年ほど前のニューヨーク・シティ・マラソンがきっかけです。NYCマラソンの素晴らしさはいつかまた聞いてもらうとして(3回出ました)、「42・195」の面白さを再発見した気がしました。
以来、年1回フルマラソンを走っています。

年1回、と決めているのは、1年を通しての身体の変化も楽しんでいるからです。
レースが終われば、ほとんど走らず。夏場も滅多に走らず。秋になってジョギングを生活習慣に取り入れ、
寒くなって走り込む・・・そうすると、市民ランナー・並レベルの僕でも、確実に身体の変化を実感できるのですね。これも、けっこう楽しいんですよ。

「かすみがうら」は4年ぶり。前回はラスト1キロで力つき、ほとんど歩くような、ヘロヘロのゴールでした。いったい何人に抜かされたことか。
明日、風が吹かなきゃいいなあ。長身の女性ランナー(できれば容姿端麗)の背後にピタリとつく、
ストーカー走法でいこうと思います。
「セコく、楽しく、イヤらしく」

f0211837_1627614.jpg


1984ホノルル、フォーク歌手の高石ともやさんと。
あの頃は、夢がありました。希望がありました。そして
髪の毛がありました!
[PR]
by G-lariat | 2010-04-17 16:04 | Comments(0)

まだまだ援助物資

予定では昨日、新しいCDの録音のはずでした。ところが、ボーカル・エミー竹内が急病でダウン。録音は、急きょ延期となりました。
某新聞社が取材にみえることになっていたので、事情を伝え
「水口は、すこぶる元気」といったところ、
「それが、どうした?]

そのかわり、といったらナンですが、(おとといリコールの通知が来た)クルマを走らせ、御殿場へ。このブログを介して『御殿場の朝青龍』さんが、「空巣被害の御見舞いに、何かめぐんでやる」と言ってくださっていましたので。
彼の結婚式の司会を務めたのが縁で、長~いお付き合い。1年ぶりに会った彼は、着実にメタボへの道を歩んでいるご様子で、仕事順調・家庭円満ぶりがうかがえます。
彼の奥サンは、今もスリムで美しいのですけれど、そのむかし女子プロレスに熱中し、追っかけまでしてた、という経歴の持ち主。その点でも彼女とお会いするのは楽しみなのです。なぜなら僕も一時期、女子プロレスにハマッていたことがあるのです。ワタクシ、元ブル中野ファンクラブ会員であります!(マジ。ちなみに彼女はブル中野のことを「ブルちゃん」と呼び、僕は「ブル様」と呼んでいます)

バンドの大黒柱・エミー竹内が病に倒れたというのにリーダーは、結局のん気な週末でありました。
f0211837_16562479.jpg


○ 御殿場の朝青龍さまご夫妻 台所で余った食料品、ありがとうございました。
[PR]
by G-lariat | 2010-04-11 16:49 | Comments(0)
いわゆる鉄道マニアではありませんが、夜行列車が大好きです。しかしながら今や廃止につぐ廃止で、絶滅目前。このあいだも、良い気分で焼酎を呑んでいたら、テレビで急行「能登」ラストランのニュース。一気に涙酒とあいなりました。
不人気、というのが廃止の一番の理由だそうですが、これが僕には不思議でなりません。ノスタルジーとか独特の風情とか、必ず挙げられる魅力だけでなく、極めて効率的・実用的なスグレモノでもあると思えるのです。
夜行列車は、基本的に朝、目的地に着くわけですね。僕は自転車旅行が多いのですけれど、自転車を組み立て(10分)、すぐ走り出せば、まるまる一日使えます。飛行機じゃ、一番機に乗ったって、なんだかんだでスタートできるのはお昼前。この半日は大きい!これは自転車に限らず、だと思います。寝てる間に移動というのは、とても効率的だと思いませんか? 24時間たたかっている現代ですし。
と僕がリキんでも趨勢が変わるわけでナシ。できることは、乗れるだけ乗っておくこと。
ということで、買ってきました、「サンライズ瀬戸」。四国行きですね。

f0211837_2275944.jpg
四国は大のお気に入り。10年ほど前には、八十八ヶ所お遍路さんもやりました(自転車)。その旅で何に驚き感激したかといえば、地域の方々に今も「お接待」の風習が残っていたこと。せちがらい現代、とっくに廃れているものと思ってたのに・・・。お茶・ジュース、飴湯、まんじゅう、おいも、アイスクリンetc.etc.現金を頂いたこともありました。
そうそう、88番目の「大窪寺」。ゴールが嬉しいような寂しいような、そんな気分で山門を出たら、そこに月刊誌の記者とカメラマン。自転車遍路はそこそこ珍しいらしく、写真付きでしっかり載せてもらいました。嬉しくもあり、面映くもある思い出ですが、その月刊誌も、いまは廃刊となりました・・・・。

「八甲田」「津軽」「富士」「さくら」「はやぶさ」「利尻」「大垣行き」山陰線回りの「出雲」、先日の「能登」・・・ちょっと思い出しただけでこれくらい挙がります。せめて、写真を撮っとけばよかったなあ!
「いつまでも あると思うな 夜汽車とライブ」
f0211837_21534234.jpg
[PR]
by G-lariat | 2010-04-05 21:42 | Comments(0)

白黒ショウ

このあいだの春の嵐。昭和風情たっぷりの我がアパートは、どうにか耐え忍んだものの、テレビの共同アンテナが曲がっちゃったみたい。テレビから、「色」が消えました。
大家さんに一言言えばいいのですけれど、小さい人間に限って、小さい人間と見られるのを嫌うもの。テレビの色ごときに関心はない「大人物」を装い、他の部屋の誰かが早く連絡してくれるのを、ひたすら待っておりました。
でも、白黒画面というのも、なかなか新鮮ですね。中東のニュースなんて、(不謹慎ですが)まるで映画みたい。と、それなりに楽しんでいたのですが、きのう大好きな「アド街」を見始めたら、アララ。やっぱカラーじゃなきゃ、と思いました。
ワインボトルが醤油のビンに見えちゃうし、「銘菓どらやき」なんていかにも不味そう。カレーとハヤシの区別がつかないのは許すとしても、ヒレカツがガンモに見えるのは、いかんせん・・・。
決定的だったのは、今日の午後。「パネルクイズ・アタック25」が全然わからん!f0211837_19532935.jpg








    (我が、"かしまし”モデル。本文とは、なんら関係ありません。)
[PR]
by G-lariat | 2010-04-04 19:53 | Comments(4)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat