カテゴリ:四畳半劇場( 3 )

災害は・・・

九州豪雨。自然の猛威と人間の無力に、胸がつまる思いです。以前、自転車旅行で訪れた地域でもあるので、ほんのわずかではありますが実感をもって、ニュースに見入りました。
f0211837_15481875.jpg

僕は海から徒歩10分、川からなら徒歩20秒の所に住んでいます。でも防災の備蓄品など何の用意もナシ。大きな災害が起きるたび、それではいかん、と反省はするのですが、つい面倒が先にたってしまいます。
今回も同様で・・・いやまてよ? そういえば前に自衛隊のレトルトをもらったっけ。
おおお!喜び勇んでガラクタをかき分けたところ、案の定、賞味期限切れでした。


きのう(7/7)は、火事に遭遇しました。
よく行く大型スーパー。1階が駐車場とテナントショップで、2階が売り場です。呑気に柿の種や、みたらし団子をカゴに放り込んでいたら、けたたましいサイレンに続き、「1階で火事です! 落ち着いて行動してください!」の合成音声。
びっくりしましたが、皆さん落ち着いていました。いや落ち着き過ぎていました。僕も、どうせイタズラか間違いだろう、と。
でも本当だったんです! 駐車場で1台、クルマが丸焼け!
結果的にはそれ以外の被害はなく、まもなく安全宣言が出されましたが、このスーパーの出入り口は、階段とエスカレーターが並行して1基あるのみ。窓はナシ。非常口はあるでしょうが、いつも行ってる僕でも、場所は知りません。もし火災が1つしかない階段付近だったら・・・逃げ場はなくパニックだったでしょう。
僕は3年ほど前、住んでるアパートが放火されました。その時に火事の恐さを実感してるはずなのに、この呑気ぶり。 日々の生活態度も含め、もうちょっと緊張感をもたんといかんなあと、みたらし団子を食べながら思ったしだいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ★ 月27日(日) だがしや楽校

 
★ 月9日(土) 獅子浜





[PR]
by G-lariat | 2017-07-08 15:51 | 四畳半劇場 | Comments(0)

シン ゴジラ 再び。

シンゴジラ、9月に続いて2度目の鑑賞です。いくらロングランでも、ひとつの公開期間に2度も映画館に足を運ぶというのは、自分史上初めて。

f0211837_19314650.jpg

それほどまでに面白かった・・というわけではありません。前回は何の予習もせずに見に行ったんですけど、この映画、「小ネタ」がけっこう隠されてるとのこと。ほとんど気づきませんでしたね。わが青春の新丸子が破壊されるのも、まったく知らなかったし。 今回はそのあたりをじっくりと確かめながらの2時間でした。


小ネタは、分かると快感! へえ~そうだったのか、という箇所がけっこうありました。066.gif
でも2度目の鑑賞となると、やっぱアラも見えてしまいます(なかでも石原さとみの妙なイントネーションの英語、前回以上にハナにつきました)。





さて、破壊される新丸子003.gif
街並みそのものが壊されるシーンは、なかったように思います(丸子橋や多摩川河川敷はボコボコ)。
ただ、武蔵小杉の高層ビル群を抜けるゴジラを下から見上げる場面があるのですが、あれは間違いなく新丸子からの眺め! 

f0211837_19441069.jpg電柱に質屋の看板があるところはチェックしたのですが、さすがにピンポイントの場所特定は無理でした。
新丸子には来月また行く予定なので、その時に探してこようと思います。 ヒマですね、僕も。そして、もの好き。



新丸子駅のホームから、武蔵小杉のビル群を。
ホントの写真。あの間をゴジラが・・。


・・・・・・・・・・・・  
 

★ 12月3日(土) 三島えがお  
[PR]
by G-lariat | 2016-11-11 20:15 | 四畳半劇場 | Comments(0)

「理由」

昨日(5/7)、TBS系列で、宮部みゆき原作のミステリ・ドラマ 「理由」 が放送されたと思います。
面白かったでしょうか?

僕は、ものすごおく興味があったけど、見ませんでした。
数年前に映画化された時も、やっぱ見ませんでした。
f0211837_19393960.jpg
その「理由」はですね、原作がとてつもなく面白かったから!
ここ数年読んだ小説の中では、ダントツの1番。

何年か前のこと。北海道への船旅の出がけに、何気なく買った文庫本。船室のベッドで、たいした期待もないまま読み始めたのですが・・・もう一気に話に引きずり込まれてしまいました。
あとは景色も眺めず、風呂も入らず、食事の時間さえ惜しく、ひたすらベッドでページをめくり続けたことを覚えています。

ストーリーやテーマの面白さは、映画やドラマでも再現できるでしょうけど、「理由」には小説ならではの構成の妙もあります。そのあたりが気になって、昨日も敬遠したのですが・・・。

超人気作家の、しかも直木賞受賞作ですから、僕などが口泡を飛ばすことはないのですが、とにかく極上のミステリです。まだでしたら、一読をお薦めします。
[PR]
by G-lariat | 2012-05-08 19:39 | 四畳半劇場 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat