f0211837_16553011.jpg
すっかり定着した、みしま花のまちフェア
今年も市内各地で花に関連した催しが開かれていますが、僕たちは2日目の明日5月28日、楽寿園内のウッドデッキで演奏です。

この日、楽寿園は無料開放。
緑がもっとも美しい季節。ぜひお弁当でも持って遊びにきてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 月28日(日) 花のまちフェア 楽寿園内・ウッドデッキ)
                           13:45 ~ 15:00

★ 月10日(土) ほたるフェスタ(リメンバー六反田)





[PR]
# by G-lariat | 2017-05-27 17:04 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)
f0211837_21041543.jpg


今年前半の僕たちのメイン、65年前につくられた歌・「三島行進曲」
のCD復刻。
5月5日に発表・発売したわけですが、嬉しい誤算ですべて売り切れ。

ようやく本日、増刷分が僕たちのところに届きました。




f0211837_21042086.jpg
協力金として、1枚500円。一家に一枚、ぜひ!


f0211837_21042439.jpg

空のカップではありません。
CD到着を記念して(?)エミーさんが入れてくれた白湯

正しくつくられた白湯は、不思議な「味わい」。
なんか、しみじみしてしまいました。
「三島行進曲」とは関係ありませんけど。



・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 月28日(日) 花のまちフェア 楽寿園内・ウッドデッキ)
                           13:45 ~ 15:00

★ 月10日(土) ほたるフェスタ(リメンバー六反田)



[PR]
# by G-lariat | 2017-05-24 21:12 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

断固ニッポン !?

f0211837_15123724.jpg

このほどリニューアルされた東名・駒門パーキングエリア。 国道246からもOKだったので、ヒマつぶしにちょこっと寄ってみました。

さすが自衛隊の聖地・御殿場(?)。
お土産売り場に、自衛隊コーナーです。
これがスゴイのなんの。




  断固日本
f0211837_15124110.jpg
これが、ケーキの名前ですもん。
そのほか、「ヒトマル戦車まんじゅう」「精鋭の休息」(コーヒー?)、来るなら来い!」(クッキー?)なんてのもありました。
まーなんとも勇ましいネーミング。名前をつけた人の顔が見たい・・なんてね!
ともあれインパクトという点では、威力抜群。命中率100%のお土産です。

f0211837_15124566.jpg




女性自衛官が萌えてるものもありました。162.png








・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 月28日(日) 花のまちフェア 楽寿園

★ 月10日(土) ほたるフェスタ(リメンバー六反田)


[PR]
# by G-lariat | 2017-05-20 15:32 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

文芸三島、招待作品に!

三島市教育委員会から、嬉しい電話がありました。
今年の文芸三島、招待作品としての執筆依頼です!
随筆部門の最高賞を3回とったことで、「殿堂入り」だって。
もちろん嬉しいんですけど、それより不思議な気分の方が強いかな。小中高と作文はまったく苦手だった僕としては、現実感がないのです。
f0211837_19340529.jpg

先日、マジに敬愛する文芸三島の選者・久保田松幸先生と、美味しいコーヒーをいただきながらお話をうかがう機会がありました。 あらためて、先生の市民文芸に対する深い造詣と愛情に感服。
「無審査になったとたん、作品の質が落ちることがある。気をつけなさいね」
冷や汗が、ドッ。



文芸三島が、他の市民文芸誌と少々趣を異にしているのは、大岡信先生の存在でしょう。毎回巻頭にその作品が掲載されました。
大岡先生は、この4月に永眠。次号はどのような構成になるのか。文芸三島も新たな一歩かもしれません。
だからといって僕に何ができるわけではありませんが、せっかく招待作品として扱ってもらえるのだから、通常の投稿では (落選が恐くて) 書きにくいテーマにするつもりです。
大スジは決まりました。ハンセン君・エミーさんにも登場してもらおうと思っています。ほんの2~3行ですけどね!

・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 月28日(日) 花のまちフェア 楽寿園

★ 月10日(土) ほたるフェスタ(リメンバー六反田)






[PR]
# by G-lariat | 2017-05-15 10:54 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

Kの一周忌

秋田在住の古い知人が死んで、ちょうど1年になります。
日本ハムファイターズのエース、工藤幹夫
プロでの実働わずか2年ながら、最多勝を獲得するなど劇的な活躍で、「伝説」 にもなっている男です。

葬式に出るくらいなら生きてるうちに会っときたいと、かつての兄貴分と秋田行きを決めたものの、ギリギリ間に合わず、結局葬式への参列になってしまいました。

あの日の秋田は、まさに快晴。火葬場から見上げた空の真っ青な色は、今も鮮明に覚えています。

若い頃の工藤との関わりと葬式のシーンを昨年の文芸三島に投稿し、最高賞をいただきました。
「死んでからもオレを利用する気か」
彼がそう言ってる気がします。



さてさてパソコンがトラブルです。写真をアップできません。
今回は、彼の奥様が送ってくれた遺影にモザイクをかけて・・・と考えていたわけですが、ダメみたいです。
「オマエの勝手にはさせねーよ」
不適な笑みを浮かべながら、工藤がそう言ってる気がします。




[PR]
# by G-lariat | 2017-05-12 15:25 | 昭和的日々 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat