2017年 05月 12日 ( 1 )

Kの一周忌

秋田在住の古い知人が死んで、ちょうど1年になります。
日本ハムファイターズのエース、工藤幹夫
プロでの実働わずか2年ながら、最多勝を獲得するなど劇的な活躍で、「伝説」 にもなっている男です。

葬式に出るくらいなら生きてるうちに会っときたいと、かつての兄貴分と秋田行きを決めたものの、ギリギリ間に合わず、結局葬式への参列になってしまいました。

あの日の秋田は、まさに快晴。火葬場から見上げた空の真っ青な色は、今も鮮明に覚えています。

若い頃の工藤との関わりと葬式のシーンを昨年の文芸三島に投稿し、最高賞をいただきました。
「死んでからもオレを利用する気か」
彼がそう言ってる気がします。



さてさてパソコンがトラブルです。写真をアップできません。
今回は、彼の奥様が送ってくれた遺影にモザイクをかけて・・・と考えていたわけですが、ダメみたいです。
「オマエの勝手にはさせねーよ」
不適な笑みを浮かべながら、工藤がそう言ってる気がします。




[PR]
by G-lariat | 2017-05-12 15:25 | 昭和的日々 | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat