文芸三島、招待作品に!

三島市教育委員会から、嬉しい電話がありました。
今年の文芸三島、招待作品としての執筆依頼です!
随筆部門の最高賞を3回とったことで、「殿堂入り」だって。
もちろん嬉しいんですけど、それより不思議な気分の方が強いかな。小中高と作文はまったく苦手だった僕としては、現実感がないのです。
f0211837_19340529.jpg

先日、マジに敬愛する文芸三島の選者・久保田松幸先生と、美味しいコーヒーをいただきながらお話をうかがう機会がありました。 あらためて、先生の市民文芸に対する深い造詣と愛情に感服。
「無審査になったとたん、作品の質が落ちることがある。気をつけなさいね」
冷や汗が、ドッ。



文芸三島が、他の市民文芸誌と少々趣を異にしているのは、大岡信先生の存在でしょう。毎回巻頭にその作品が掲載されました。
大岡先生は、この4月に永眠。次号はどのような構成になるのか。文芸三島も新たな一歩かもしれません。
だからといって僕に何ができるわけではありませんが、せっかく招待作品として扱ってもらえるのだから、通常の投稿では (落選が恐くて) 書きにくいテーマにするつもりです。
大スジは決まりました。ハンセン君・エミーさんにも登場してもらおうと思っています。ほんの2~3行ですけどね!

・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 月28日(日) 花のまちフェア 楽寿園

★ 月10日(土) ほたるフェスタ(リメンバー六反田)






[PR]
by G-lariat | 2017-05-15 10:54 | 食う・寝る・遊ぶ | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat