バケツハウス! 門谷憲二さん!

30数年前のライブハウス全盛時代――。東京は下北沢に、他とは趣きを異にしたお店がありました。
バケツハウス。
オーナーは、当時のフォークファンなら誰でも知ってる超有名な作詞家兼プロデューサー、門谷憲二さん。
泉谷しげるや古井戸を世に出した方であり、作詞家としては 布施明 「君は薔薇より美しい」を筆頭に、山口百恵、小柳ルミ子、木の実ナナ等々等々、そうそうたる歌手に詞を提供されています。(詳しくはウィキペディアを!)

f0211837_20241135.jpg僕も、一番下っ端ながら、バケツで歌わせてもらっていたのですが、諸事情によりお店は閉店。 門谷さんとも当時の出演仲間ともそれっきりで、静岡県に住む現在、もう会えないものとあきらめていました。
でも、世の中わからんものですね。どこからか再会を望む声があがり、当時の仲間を集めての 同窓会的ライブ が企画されたのです! 
嬉しいことに、「不動の底辺」003.gifだった僕にも誘いのメール。それこそ、新幹線の車内でも走るような勢いで、東京に向ったのであります。実に、30数年ぶり の再会!!  (11/8 渋谷LANTERN)

右が門谷さん。左は、当時出演者を束ねていた中山さん。
f0211837_21134051.jpg


        ライブの先陣をきってくれたのは、瀬戸口修さん。

        デビュー曲 「ノブはボクサー」 は僕の30年来の愛唱歌。
        今でも3番までカンペキに歌えます。



f0211837_21202375.jpg


現在活動中のバンドで出演の 野々村たけしは、
伊豆大島の観光特派員だって!
三島市観光PR大使の僕たちと今後、からむことがあるかも?




f0211837_21261396.jpg当時の、女性スタッフ。左、Rさん。吉田拓郎の傑作LP 「ライブ ’73 」 には、「タクロー、決まってるー」 という女性客の声援が入っていますが、その声の主です003.gif
右、Nさん。 「わたし、門谷さんに、布施明のがヒットしてる頃、はいてたジーパンにサインしてもらったの。何て書いてくれたと思います? <君は薔薇のが美しい>だって!」003.gif 座布団 3枚!
中央は、Rさんの妹のMさん。ミキサーをやっていたT君と結婚されました 067.gif


バケツハウスは、プロの方も出演していましたが、基本方針は、修行の場。 だから、出番を終えてからの反省会は、それはそれは厳しいものでした。僕なんか、「お前の顔は醜い」 とまで言われましたから。007.gif
鏡を見て練習してるか、という門谷さんの問いに、そんなことは恥ずかしくてしたことない、と答えたところ
「お前は拓郎や泉谷が好きなんだろうけど、あいつらが叫んだ時の顔は、すごくカッコいいんだ。拓郎なんて、男から見てもゾクッとするくらい色気がある。だけどマコト、お前が叫んだ顔はな、すげー醜い。 寒気がする」
さすがに不愉快な気分でアパートに帰り、鏡を見ながら歌ってみました。
そしたら、ほんとに醜い!003.gif 愕然としました。 ビデオが一般的ではなかった時代の話。

f0211837_19274239.jpgもう一つ、よく覚えている思い出は、井の頭公園の野外音楽堂でライブをやっていた時のこと。 札付きの酔っ払いが、ジャマをし始めました。 最初はおさえていた門谷さんでしたが、突然ブチ切れ、酔っ払いに突進して乱闘を始めたのです。
誰かが、「まずい、止めろ止めろ。 おいマコト、行けー!」
えー?オレ? 
まずアンタが行けよ、と思いながらも、僕は一応、元レスリング部で有段者。 酔っ払いを担ぎ上げ、吉祥寺駅前の交番に突き出したのでした。

戻った僕に門谷さん、「マコト、お前はオレの用心棒になれ
えー? オレ、そっちー? 歌手になりたいのに・・・。
僕の数少ない武勇伝かな。
f0211837_2293974.jpg


          僕と同い歳ながら、「四天王」の一人だった
          内山和人
          へこたれそうな人の心を勇気づけ、
          感動させる実力者でしたが、
          残念ながらデビューは果たせず・・。


f0211837_22181898.jpg
右、トップに君臨していた松野こうきさん。
デビュー曲・「クイーンはまぶしい」 は、オリコン28位のヒット!
静岡・SBSラジオのパーソナリティとしても、中高生男子(!)から絶大な人気を博しました。 本日は、ラジオ出演のため、2次会から参加。

左は当時の出演者ではありませんが、最近、シャンプーのTVCMを歌っている方。プロで生きる心構えなど、熱心にアドバイス (ほとんど説教037.gif


本日出席できない方の近況にも、ビックリするような話がたくさんありました。 なかでも一番驚いたのは、四天王の一人、大須賀ひできさん。 真っ先にデビューを果たしたものの、その後ヒットには恵まれず、ミュージカル俳優に転向されたとのウワサを耳にしてました。でも・・・・・聞いてビックリ!

f0211837_19413357.jpg

             ジャ~ン!

             なんと デュークエイセス
             のメンバーに!


f0211837_20125377.jpg
1次会2次会合わせて、あっという間の7時間 003.gif

感謝を込めて花束の贈呈。
「門谷さんがいて、バケツハウスがあったからこそ、みんなこうして」

「今後も、たまにはこうやって会う機会をもとうよ」 
門谷さんから嬉しい言葉をいただきました。
f0211837_2021249.jpg

30年前を充分になつかしみ、さらに今後につながる話も・・・。本当に本当に楽しく、嬉しい時間。
門谷さん、そしてバケツOBの皆さん、ありがとうございました。感謝!

f0211837_22415747.jpg
門谷さんは今夏、ミステリ巨編 「クラウド」 上・下 を上梓し、 ミステリ作家として、デビュー。
いきなり上下巻とは、さすが!

先日、前日本大学国際関係学部長・佐藤三武朗先生から頂いた3冊を読み終えたら、本屋さんに走ろうと思っています(マジ)。
[PR]
by G-lariat | 2014-11-12 20:28 | ザ☆楽団ラリアート | Comments(0)

「三島市観光PR大使」       ザ☆楽団ラリアートの活動報告をメインに、平和な日常を・・・ 


by G-lariat